1. 要介護4・5認定時に一時金
  2. 保障は一生涯!保険料も割安!
  3. 介護に関する様々な情報やサポートをご提供!

※1 愛する家族のためにいざという時こどもの世話になりたくないサイト、介護相談センターは、業務委託先である㈱プロトメディカルケアが提供いたします。

この商品をインターネット申込

  • 介護の現状
  • プラン・サービス
  • 保険料シミュレーション

【介護保険】愛する家族のために いざという時 こどもの世話になりたくない保険 介護にまつわる3つの現状

65歳以上になると、「病気やケガでの入院患者数」を「要介護4・5の認定者数」が大きく上回ります。

公的介護保険制度における要介護4・5とは、食事や排泄など日常生活全般が一人でほとんどできず、理解の低下がみられる状態。65歳以上では、そんな方が、実は病気やケガで入院する方よりもずっと多いのです。介護は決して他人ごとではありません。

65歳以上の方の「入院患者数」と「要介護4・5の認定者数」

介護する人の多くは女性。夫や親の介護を担っています。

介護者のうち、10人に7人以上が女性です。同居家族が多ければ分担も可能ですが、ご夫婦二人の場合は一人で介護を担うことに。年齢とともに体力が低下していくことも、女性にとっては不安です。

主な介護者の性別割合

施設介護の場合、家族の体力的な負担は少なくなるものの「入居時期」と「費用」が問題です。

介護を受ける人も介護をする人も、家族の負担を考えると施設介護を望みたいところ。しかし公的施設は現状では「空き」がない場合が多く、また民間施設では費用が高額になってしまうケースもあります。

施設介護の費用の目安

ご注意事項

  • ご契約日からその日を含めて180日以内に所定のアルツハイマー病またはアルツハイマー型認知症により、公的介護保険制度に定める要介護4・5に認定された場合(お支払事由に該当された場合)、介護一時金として「介護一時金額×10%」をお支払いします。
  • このページでは、保険商品の概要をご案内しています。保険商品の詳細につきましては、「パンフレット」、「重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)」、及び「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。
  • このページに掲載の保険料は、2016年4月7日現在で適用されているものです。

ページのトップへ

保険商品一覧

  • 医療保険
  • がん保険
  • 持病・既往症のある方向けの医療保険
  • 持病・既往症のある方向けの死亡保険
  • 介護保険

インターネット申込はこちら

保険コンサルティングを申込

登録No.AFL349/1604A