保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 引受基準緩和型保険
  3.  > 引受基準緩和型保険の基礎知識
  4.  > 持病があっても入りやすい保険って何?

持病があっても入りやすい保険って何?

持病があっても入りやすい保険って、誰でも入れるの?持病があると普通の保険は入れないの?そんな疑問にお答えします!

持病があっても入りやすい保険はどんな特徴があるの?

「持病があっても入りやすい保険」とは、通常の保険と比べて告知項目が少なく、告知内容も緩やかとなっている保険です。また告知が全く無い保険もあります。その為、持病があったりお薬を飲んでいたり、健康に不安を感じている方でも入りやすい保険となります。保険料は通常の保険と比べ割高となり、保障内容も異なりますのでご注意が必要です。

持病があっても入りやすい保険と通常タイプの保険の違い

  持病があっても入りやすい保険 通常タイプの保険
告知項目 少ない 多い
告知内容 易しい 難しい
保険料 高い 普通

保障内容に大きな違いはあるの?

通常タイプの保険は申込が成立すると、責任開始日にさかのぼり保障がスタートしますが、持病があっても入りやすい保険は、保障がスタートしても全額保険金給付の対象とはなりません。通常タイプの保険契約とくらべ、保険金の請求をする可能性が高いため、一定期間保険金の給付に制限が設けられています。

加入検討にあたっての注意点は?

まずは通常タイプの保険の内容を確認してください。持病があっても、薬を飲んでいても告知をしていただき保険会社が判断して申込が可能になる場合もあります。もしも良い結果が得られなかった場合に、持病があっても入りやすい保険を選んでいただくことが、加入検討の際の順序となります。持病があっても入りやすい保険のなかでも保険会社ごとに告知項目や商品内容も様々ありますので、比較しながらのご検討をおすすめします。

保険検討の流れ

1:通常タイプの保険を検討

2:持病があっても入りやすい保険を検討

3:告知の無い無選択型の保険を検討

生命保険ランキング

  • 一緒に働く仲間を募集中
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談