保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > こども/学資保険
  3.  > 学資保険の基礎知識

こども/学資保険の基礎知識

学資保険は、子供の教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性の高い保険です。
最近では、貯蓄と合わせて子供の医療保障や死亡保障なども兼ね備えた保障が手厚い商品もあります。
それぞれの商品のメリットやデメリットを考慮してご希望にあった学資保険を選びましょう。

こども/学資保険の選び方

教育費を計画的に準備するのに有効なのが学資保険です。最近では、教育費の積み立てのほか、お子様の医療保障や死亡保障もついた保障が手厚いタイプなど、さまざまな商品がありますので、それぞれの特徴を理解して、有効な保険を選びましょう。

「こども/学資保険の選び方」の詳細はこちら

貯蓄型の学資保険とは?

「貯蓄重視型」の学資保険は、保障よりも、とにかく教育資金を蓄えたいという人向けの商品です。

「貯蓄型の学資保険とは?」の詳細はこちら

保障型の学資保険とは?

教育資金の積立のほかにお子様の医療保障や死亡保障が付いた、保障が充実した学資保険(こども保険)です。

「保障型の学資保険とは?」の詳細はこちら

進路で異なる教育費の総額

公立や国立に進学する場合と、私立に進学する場合で教育費は異なります。

「進路で異なる教育費の総額」の詳細はこちら

小学生にかかる教育費はどれくらい?

小学生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?公立の小学校に通う小学生1人あたりにかかる統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

「小学生にかかる教育費はどれくらい?」の詳細はこちら

中学生にかかる教育費はどれくらい?

中学生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?公立の中学校と私立の中学校では1人あたりにかかる教育費は異なります。統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

「中学生にかかる教育費はどれくらい?」の詳細はこちら

高校生にかかる教育費はどれくらい?

高校生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?学習塾に通う費用は学年を追うごとに高くなります。統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

「高校生にかかる教育費はどれくらい?」の詳細はこちら

大学生にかかる教育費はどれくらい?

大学生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?どこから通学するか、どの学部に通うかでも費用は異なります。統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

「大学生にかかる教育費はどれくらい?」の詳細はこちら

生命保険ランキング

  • 一緒に働く仲間を募集中
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談