1. 生命保険比較
  2.  > がん保険
  3.  > がん保険の基礎知識

がん保険の基礎知識

日本人の死亡原因の1位である「がん」。その身近な病気であるがんと闘うには、入院、手術の費用はもちろん、通院・定期検診など退院後の費用も必要となります。そのがんと闘うための保険が「がん保険」です。
がん保険の特徴や仕組みをしっかりつかんでご希望にあったがん保険を選びましょう。

がん保険の選び方

医療保険は病気やケガに対して保障する保険ですが、がん保障を重点的に備える保険として「がん保険」があります。まずはがん保険の特長を理解し、自分に合ったがん保険を選びましょう。

がん保険の必要性

今や、がんは治る病気です。しかし、がんと闘うには高額な費用がかかります。もしもの時にも安心してがん治療が受けられるよう、「がん保険」でしっかり備えましょう。

がん保険のメリット・デメリット

がん保険は、がんを重点的に保障する保険のため一般の医療保険とは異なります。がんに対しての保障が手厚い分、メリットとデメリットがあります。また、保険会社によっても内容が異なりますので、ご自分に合ったがん保険を選びましょう。

がん保険の主な給付金

がん保険は、がんに特化した医療保険です。そのため、一般の医療保険とは異なる、がん保険特有の給付金があります。ここでは、がん保険の給付金の種類や、どんなときに受け取れるのかをご紹介いたします。

「がん」とはどんな病気?

「がん」は今や身近な病気の一つですが、「がん」とひとことで言っても様々な種類があります。
その「がん」に備えるためには、まずはどんな病気かを学びましょう。

女性特有のがんとは~子宮がん・卵巣がん・膣がん~

乳がんは、近年日本人女性に急増している病気のひとつです。今やその発症率は20人に1人と言われています。
女性ならば誰もがかかるリスクがある病気であると言えます。

女性特有のがんとは~乳がん~

乳がんは、近年日本人女性に急増している病気のひとつです。今やその発症率は20人に1人と言われています。乳がんは、30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。

がん治療にはどんな支援があるの?

がんと闘うには様々な費用がかかります。がん治療では、入院中の費用はもちろん、通院・定期検診など退院後の費用も必要になります。さらに先進医療による治療を受ける場合に は、自己負担が大きくなることもあります。まずは、高額な治療費を伴うがん治療についてどのような助成制度があるのかをしっかり抑えましょう。

メットライフ アリコ ガン保険はこちらから!