保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 死亡保険
  3.  > 死亡保険の基礎知識

死亡保険の基礎知識

万が一のときの死亡保障には、一生涯の保障を確保できる「終身保険」、割安な保険料で必要な期間だけ大きな保障が得られる「定期保険」があります。家族構成やライフステージによっても必要な保障は異なりますので、まずは死亡保障の種類を理解してご希望にあった保険を選びましょう。

死亡保険の選び方

複雑で難しいイメージの死亡保険ですが、基本となるのは実は3種類。基本の「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3タイプの特徴を理解し、あなたに合った死亡保険を選びましょう。

「死亡保険の選び方」の詳細はこちら

死亡保険の見直し方

保険を見直すには、今の保険を活かして増額・減額をしたり、保険の種類を変えて入り直すなどいくつかの方法があります。
まずは今の保険が適正かどうかを調べてから検討しましょう。

「死亡保険の見直し方」の詳細はこちら

死亡保険にはどんな特約があるの?

特約は多種多様です。ここでは主な特約をご紹介しますので、基本的な内容をしっかり抑えましょう。

「死亡保険にはどんな特約があるの?」の詳細はこちら

終身保険(死亡保険)

一生涯の死亡保障を確保できて、解約時には一定のお金が戻ってくる終身保険は保障が一生涯続き、いつ亡くなっても契約した死亡保険金が支払われる保険です。

「終身保険(死亡保険)」の詳細はこちら

定期保険(死亡保険)

一定期間の死亡保障を目的とした掛け捨てタイプです。定められた一定の保険期間中に被保険者が死亡した場合にのみ死亡保険金が支払われる保険のことをいいます。

「定期保険(死亡保険)」の詳細はこちら

養老保険(死亡保険)

一定期間の死亡保障と、契約満期時には死亡保障と同額の満期保険金が受け取れるものです。「保障」と「貯蓄」の両方を兼ね備えた保険です。

「養老保険(死亡保険)」の詳細はこちら

必要保障額の考え方

必要保障額とは、残された家族にとって足りないお金を補うものであり、家族構成や貯蓄額、将来のライフプランによって個々に違います。まずは、残されたご家族にとって”足りないお金”はどのくらいなのかを考えましょう。

「必要保障額の考え方」の詳細はこちら

万一の場合の必要保障額の算出方法は?

世帯主が死亡した場合、遺族保障のために必要な金額は、家族構成・現在の収入・資産状況・子供の年齢などによって異なります。

「万一の場合の必要保障額の算出方法は?」の詳細はこちら

遺族年金の支給金額としくみについて

遺族年金だけでは残された家族の生活費や子供の将来の教育費を充分に賄うことはできません。まずは、万が一のときに支給される遺族年金をチェックして、不足する分は保険で備えましょう。

「遺族年金の支給金額としくみについて」の詳細はこちら

遺族年金の受給と年金額の目安

遺族年金には遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金の3つがあります。どの遺族年金を受け取れるかについては、亡くなった人の職業によって異なります。

「遺族年金の受給と年金額の目安」の詳細はこちら

生命保険の平均加入率と保障額について

生命保険に加入している人数はどのくらいいるのでしょうか? 保障額はどのくらいでしょうか? 今の保障額に満足していますか?ここでは、統計を基にみんなの保険事情をご紹介いたします。

「生命保険の平均加入率と保障額について」の詳細はこちら

死亡率と主な原因とは?

万一の場合と言いますが、具体的に人が「死亡」する割合はどれくらいあるのでしょうか。その指標となるのが「死亡率」です。死亡率というのは、多数の人々のうち、ある一定期間に死亡する人数の割合です。通常、死亡者の割合は年齢とともに上昇していきます。

「死亡率と主な原因とは?」の詳細はこちら

事故や自然災害で亡くなる人はどれくらい?

誰にでも起こりうる突然の事故や自然災害。「自分だけは大丈夫」と思っていても、いつ降りかかってくるかわかりません。ここでは、警察庁や消防庁のデータを基に、事故や自然災害が原因となる死亡率を考えてみましょう。

「事故や自然災害で亡くなる人はどれくらい?」の詳細はこちら

生命保険ランキング

  • 一緒に働く仲間を募集中
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由

メットライフ生命 死亡保険はこちらから!

  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談