1. 生命保険比較
  2.  > ライフステージから保険を選ぶ
  3.  > 子供が生まれたとき

ライフステージから保険を選ぶ

必要な保障は、あなたの年齢や家族構成、生活環境等でも変化していきます。ライフイベントを見ながら、必要な保障を考えてみましょう。

子供が生まれたとき

お子様の将来の教育費の準備と、世帯主の万が一に備えた死亡保障を。

お子様の誕生と共に、将来必要となる教育費や養育費の備えとして保障を厚くしておきたいところです。
一家を支える世帯主としては、万一の時のため、残された家族の生活費と子供が独立するまでの養育費を準備できるように、その間の死亡保障を厚めに設定することが大切です。
公的年金制度より、加入者が亡くなられたときに「遺族年金」が支給されますが、遺族年金だけでは残された家族の将来の生活が不安なのも事実です。
そこで、遺族年金で不足する分を「死亡保険」や「収入保障保険」でしっかり備えておくことが必要です。
お子様の将来の学資金準備のためには、「こども保険」や「学資保険」などの貯蓄性の高い商品をご選択いただくことをお勧めします。

奥様については、医療保険の加入はもちろん、収入の有無に関わらず死亡保障も必要です。
お子様が小さいうちに母親が亡くなった場合、保育園やベビーシッターなどを利用する必要があるなど、思わぬ出費がかさみ家族への負担は大きくかかります。

また、がんや生活習慣病などのリスクも増えてくる世代です。万が一、がんなどの重度の病気で入院や手術をした場合、予想以上に高額な医療費がかかるので、子育てに費用がかかるこの時期には特に家計に負担がかかります。
子育て世代のご夫婦には、家族が増えて責任が増すこの時期に、ある程度の「死亡保険」や「がん保険」、「先進医療」への備えを含めてトータルな保障をお勧めします。

もしもパパに万一のことがあったら…
遺族年金には、遺族基礎年金(国民年金に相当)、遺族厚生年金(厚生年金に相当)、遺族共済年金(共済年金に相当)の3種類があります。
どの遺族年金を受け取れるかは人によって異なります。
遺族基礎年金に加えてさらに、会社員で厚生年金に加入している場合には遺族厚生年金、公務員で共済年金に加入している場合には遺族共済年金を受け取ることができます。

支給される遺族年金額(概算)を計算しましょう!

  1. お子様は何人?(18歳未満)
  2. 職業をチェック!  自営業の方    会社員の方    公務員の方
  3. 平均標準報酬月額を選択

--

保険選びのポイント

万が一に備えて残された家族のために「死亡保障」を厚めに設定!
万が一のときに、残された家族のために死亡保険が必要です。
お子様の将来の学資金準備をしよう!
入学金や学費など、予想以上に教育資金がかかります。「こども保険」や「学資保険」で将来の学資金を準備しましょう。
遺族年金で不足する分を把握して無駄のない保険設計を!
公的年金制度より、加入者が亡くなられたときに「遺族年金」が支給されます。足りない分は保険で補いましょう。