1. 生命保険比較
  2.  > 医療保険
  3.  > 医療保険の基礎知識
  4.  > 生活習慣病に備える医療保険とは?

医療保険の基礎知識

生活習慣病に備える医療保険とは?

慢性化、長期化しやすく、現代人に恐れられている生活習慣病。年々増加傾向にあり、今や他人事ではありません。
そんな生活習慣病には、日頃からの予防と、いざというときの備えが必要です。

生活習慣病とは?

数年前まで中高年がよくかかる病気として「成人病」と呼ばれていましたが、子供の成人病が年々増加傾向にあり、年齢だけではなく日常生活の様々な部分に原因があるため、「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。

■ 主な生活習慣病

がん、心臓病、脳卒中 糖尿病、高血圧性疾患、腎疾患、肝疾患など

全体の3割を占めるのが「悪性新生物(がん)」ページの先頭へ

■ 主な死因別死亡数の割合

万一のことが起こる原因としては、病気によることが多く、厚生労働省の「平成23年人口動態統計(確定数)の概況」によると、死因のトップは「悪性新生物(がん)」で、亡くなった人の28.8%を占めています。次に多いのは「心疾患」で15.5%、「脳血管疾患」9.3%、「肺炎」9.7%、「老衰」 5.5%と続いています。 <厚生労働省「平成23年人口動態統計(確定数)の概況」>

40代から80代まで三大生活習慣病での死亡が多くを占めていますページの先頭へ

20代では、交通事故などの不慮の事故で亡くなるケースが多いものの、30代からは、がんが死因のトップとなり、80代まで死因の第1位となっています。
40代では、三大生活習慣病による死亡が約半数で、最も高い60代では70%近くにもなっています。

■ 年齢別にみた主な死因の状況(死亡者の割合)

<厚生労働省「平成24年人口動態統計年報」>

三大生活習慣病での平均入院日数は?ページの先頭へ

厚生労働省の患者調査によると、患者の平均在院日数は病気全体で32.8日。三大生活習慣病のなかでは脳血管疾患による入院日数が目立ちます。

■ 年齢別にみた三大生活習慣病の平均在院日数

※平成23年9月中に退院した患者の平均在院日数(東日本大震災の影響により宮城県の一部地域・福島県の医療機関を除く)。厚生労働者「平成23年患者調査」

生活習慣病は、合併症を引き起こしやすいので、特に年齢を重ねてからの入院は長引く傾向があります。

長期入院や高額な治療費には、医療保険でしっかり備えましょう!ページの先頭へ

生活習慣病には、原因ともなる栄養、運動、休養、喫煙、飲酒について日頃から正しい生活を習慣をつけて予防を心がけることが大切です。
しかし、上記に加えて加齢による老化現象も加わって、いつのまにか私たちの体をむしばんでいきます。
今や誰にでも起こりうる生活習慣病。いざというときに、しっかり治療を行えるように医療保険で備えましょう。
最近では、生活習慣病で入院された場合には、支払限度日数を拡大し、長期入院をサポートする保険会社があります。
特に治療費が高額になりがちな三大疾病の場合には、特約を付加することで一時金をお支払する保険会社もあります。

● 生活習慣病に備える おすすめの医療保険
医療保険

オリックス生命 医療保険 新CURE[キュア]

一生涯続く安心の終身保障。七大生活習慣病による入院は、1入院の支払限度日数が拡大!さらに、三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)による入院は、支払日数無制限!先進医療の技術料も保障、がん一時金特約・がん通院特約・重度三疾病一時金特約の設定もあります。

医療保険

チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDX

お手頃な保険料で保障が一生涯続く安心の終身医療保険。
入院が長引きがちな7大疾病、ストレス性疾病による入院を手厚く保障。

募補15204-20150623

おすすめの医療保険はこちら