1. 生命保険比較
  2.  > 年金保険
  3.  > 年金保険の基礎知識
  4.  > 年金保険の選び方

年金保険の基礎知識

年金保険の選び方

個人年金保険は、老後の生活費を年金で受け取ることを目的に加入する保険です。
保険料の払い方や年金の受け取り方など、さまざまなタイプがあります。それぞれの特徴をもとに、ご希望にあった個人年金保険をお選びください。

年金の種類は「定額タイプ?」「変額タイプ?」

定額個人年金保険年金額が加入時に確定するので安心

「定額個人年金保険」は、一般的に、契約時に定めた年齢から、決まった年金額(基本年金額)を受け取れる商品です。なかには年金開始時の利率(予定利率)をもとに年金額を計算するものがあります。その場合、年金額は年金開始時に確定します。

変額個人年金保険資金に余裕があり、運用したい人向け

「変額個人年金保険」は株式や債券を中心に資産を運用し、その運用実績によって年金額などが増えることもあれば減ることもある商品です。

年金の受取期間は「一生涯?」「一定期間?」ページの先頭へ

年金の受け取り方はいろいろなタイプがありますが、代表的なのは「終身年金」と「確定年金」です。

一生涯受け取るタイプ

・終身年金 ・保証期間付終身年金 年金開始後、生存している限り年金を受け取れる。
年金開始後の一定期間(10年など)は死亡しても年金の受け取りを保証する保証期間付終身年金が多い。

一定期間受け取るタイプ

・確定年金 年金開始後、生死にかかわらず一定期間(5年・10年・15年など年金を受け取れる。
・有期年金 ・保証期間付有期年金 年金開始後、生存していることを条件に一定期間(10年・15年など)年金を受け取れる。
年金開始後の一定期間(5年など)は死亡しても年金の受け取りを保証する保証期間付有期年金もある。

保険料の払い方は「分割払い?」「一時払い?」ページの先頭へ

保険料の払い方には、月払い・半年払い・年払いなどの「分割」で払う方法と、まとまった保険料を一括で払う「一時払い」があります。

なお、分割払いタイプには、1万円タイプ、2万円タイプなど、月いくらの保険料を支払うかで将来受け取れる年金額が決まる「保険料建」と、将来いくらの年金を受け取りたいかで、支払う保険料を決める「年金建」の2種類があります。

分割払い(積立て払い)

保険料建 月いくらの保険料を支払うかで将来受け取れる年金額が決まる。
年金建 将来いくらの年金を受け取りたいかで、支払う保険料を決める。

一時払い

契約時にまとまった保険料を一括で払う。

※一時払いタイプは、分割払いタイプとは少し異なる仕組みの商品もあります。

この3つの主なポイントは保険会社によっては異なる場合もあります。個人年金保険は、途中解約をすると、損をしてしまうこともあるため、種類や内容などをよく確認し、自分のニーズにあった商品を選択しましょう。

おすすめの個人年金保険   一覧はこちら