保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 女性保険
  3.  > 女性保険の基礎知識
  4.  > 出産のときに女性保険は対象?対象外?

出産のときに女性保険は対象?対象外?

健康な人でも入院や手術の可能性があるのが出産。出産に関わる様々なリスクを考えながら保険を選びましょう。

今の出産事情とは?

一人の女性が一生のうちに子供を産む人数を表した出生率、平成17年に記録した過去最低出生率1.26から現在は少しずつ上昇し、平成27年は1.42と緩やかに上昇しています。それと比例するように増えているのが帝王切開による出産です。厚生労働省の統計によると過去20年間で倍増していて、今日本で出産した人の5人に一人は帝王切開による出産となっています。
帝王切開による出産の場合、通常分娩での出産にくらべ、入院日数が長くなるためかかる費用が多くなります。

出産にかかる費用は?公的支援制度は?

出産にかかる費用

●都道府県別ランキング:全国平均約42万円(平成24年度)※

順位 都道府県名 費用
1位 東京都 497,872円
2位 神奈川県 461,871円
3位 宮城県 443,524円
4位 埼玉県 441,900円
5位 栃木県 433,957円
順位 都道府県名 費用
43位 青森県 359,912円
44位 熊本県 357,428円
45位 高知県 348,160円
46位 沖縄県 345,959円
47位 鳥取県 335,607円

※上記の入院分娩費用は、室料差額、産科医療補償制度費用、その他(お祝い膳など医療外費用)を含まない。
<厚生労働省「第18回 社会保障審議会医療保険部会資料」平成26年7月7日>

出産後の公的支援制度

  • 出産育児一時金 支給額は、産科医療補償制度加入分娩機関で出産した場合は42万円(在胎週数第22週以降のものに限る)、それ以外の場合は40.4万円です。出産育児一時金の支払は、「直接支払制度」もしくは「受取代理制度」のどちらを利用するか、自身で選択が可能です。
  • 出産手当金 健康保険被保険者が出産を理由に会社を休み、報酬が受けられないときに、出産手当金が支給されます。支給額は月給日額3分の2相当額、支給期間は出産日以前42日(多胎妊娠の場合98日)、出産日後56日。会社からの報酬が出ている場合でも、3分の2未満の場合は差額が支給されます。
  • 育児休業給付金 雇用保険被保険者が原則1歳(一定の場合は1歳2ヵ月または1歳6ヵ月)未満の子を養育するために育児休業を取得した場合に支給されます。育休開始180日目までは休業開始前賃金の67%、181日目以降は50%が支給される。賃金が出て給付金と合わせて休業開始前賃金の80%を超えた分に関しては減額され、80%以上の賃金が支払われる場合は給付金は支給されない。
  • 社会保険料の
    免除
    産休及び育休期間中は健康保険・厚生年金保険の社会保険料が免除される。
  • 児童手当 0歳から中学3年生までの子ども(15歳に到達後、最初の3月31日まで)を養育している人に支給される手当です。3歳未満は月額15,000円。3歳~小学校修了前の第1子・第2子は月額10,000円、第3子以降は月額15,000円。

妊娠中に保険に入れる?出産の時につかえる?

妊娠中の保険加入については保険会社によって様々な条件がありますが全く入れないというわけではありません。
通常の告知に加えて、現在妊娠何週目かどうかを確認するところが主です。
しかしほとんどの場合は妊娠出産に関わる入院や手術については一定期間保障の対象から外れてしまうなどの条件が付く場合があります。これから迎える出産について備えることができるものか注意が必要です。

保険適用については、普通分娩か帝王切開かによって下記のようになります。

  普通分娩 帝王切開
公的健康保険適用 ×
医療保険適用 ×
高額療養費制度 ×

普通分娩は病気ではないので、公的健康保険の適用外となり、それに連動している医療保険は適用外となります。 しかし帝王切開での出産は公的健康保険の対象となる為、医療保険の適用となります。また、高額療養費制度も対象となる為、費用負担は抑えられますが、入院には差額ベット代やその他諸雑費で出費が思ったよりも多くなることもあります。今や5人に1人は帝王切開での出産のため、そのときのために早めに保険を準備しておくと安心です。

生命保険ランキング

  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談