保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 女性保険
  3.  > 女性保険の基礎知識
  4.  > 女性特有のがんリスクと女性保険の必要性

女性特有のがんリスクと女性保険の必要性

医療保険を見ていると「女性特有のがん」に対する保障や特約を見掛けることもあるかと思います。
「がん」のみに特化したがん保険でも迷ってしまうのに、さらに「女性特有のがん」と絞り込まれてしまうと、全てに入る必要があるのか?と戸惑うことも多いのではないでしょうか。

「女性特有のがん」がどういったものなのか、そして治療に対応するために備えられる保障や特約などを確認しましょう。

女性のがんになる確率とよくある女性特有のがん

日本人の死因の第1位となっているがんですが、がんになる確率は男性で63%、女性で47%と、2人に1人はがんになると言われています。 全年齢でのがんの罹患数では男性の方が高い割合となっていますが、実は比較的若い20代~50代までは、女性の方ががんになりやすいのです。

大きな理由としては、女性特有のがんである「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん」等が、若い世代でもなる可能性が高くなっていることが挙げられます。

※がんの罹患数(りかんすう)とは・・・人口に対して新たにがんと診断された患者数

全年齢による女性のがん罹患・死亡ランキング

  罹患数が多い部位 死亡率が多い部位
1位 乳房 大腸
2位 大腸
3位
4位 膵臓
5位 子宮 乳房

参考:国立がん研究センターがん情報サービス『最新がん統計』

下のグラフはがん対策情報センターによる、年代別で見た女性特有のがん罹患率データです。
10歳代後半から30歳代にかけて、子宮がんが大きく増えているのがわかりますが、このデータには初期の軽いがんである上皮内がんを含んでいますので、早期発見であれば完治することも可能です。

そして、20歳代後半から50歳頃までをピークに、乳がんが一気に増幅しています。
上皮内がんだけではなく、進行がんである悪性新生物でも高い数値になっていることがわかり、罹患率では第1位・死亡率では第5位となっていることが裏付けられる結果となっています。

年齢階級別 罹患率(全国推計値) 2012年 [女性]

女性ががんになるのは比較的若い20代~50代が多く、特に乳がんが一気に増幅しています

資料:国立がん研究センターがん対策情報センター
Source:Center for Cancer Control and Information Services,
National Cancer Center,Japan

この女性のがん患者に多く占める「女性特有のがん」とは、どのような症状なのでしょうか。 それぞれの特徴をまとめてみました。

乳がん

グラフをご覧いただくとわかるように、女性の11人に1人が乳がんになると言われているほど、発症する可能性の高いがんです。

乳房の皮膚の下には母乳を作る乳腺の組織があり、そこにできる悪性腫瘍が「乳がん」で、しこりとなって現れるため、ご自身でも比較的発見しやすくなっています。
がんの発生部位として最も多いのは乳房の外側上部で、乳がん全体の半数近くがこの部位に現れるそうです。

しこり以外の自覚症状はほとんどないようですが、早期発見であるほど治癒率は高く、発見や治療が遅れることで治癒が難しくなっていきますので、普段からの自己チェックや定期健診が重要となります。

子宮頸がん

子宮がんのうち、子宮の入り口である頸部にできるがんが「子宮頸がん」です。
20歳代から30歳代に発症することが多く、初期には性交時の軽い出血以外ほとんど自覚症状はありませんが、進行してくると不正出血やおりものの異常、下腹部の痛みなどがみられるようになります。

子宮頸がんのおもな原因は「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスが引き起こし、子宮頸がん患者の9割以上からこのHPVが検出されています。
HPVは性交渉によって感染するため、性体験のある女性であれば、誰もが感染・発症する可能性があります。
ただし全ての感染ががんになるわけではなく、ご自身の免疫機能がうまく排除できず長期に渡って感染することがあり、そういった場合に数年の時間をかけて子宮頸がんを発症してしまうようです。

子宮頸がんでは、予防ワクチン自治体による安価での検診の実施などが充実していますので、誰でも可能性があることを念頭に置き、ご自身で積極的に利用しながら気遣うことで早期発見・治癒を心がけましょう。

子宮体がん(子宮内膜がん)

子宮がんのうち、子宮の奥である子宮体部の内膜にできるがんが「子宮体がん」です。
発症は40歳代以降または閉経前後に多く見られますが、最近では30歳代での発症も増えていて、出産経験のないことや閉経年齢が遅いことなどが関係していると見られています。

子宮体がんでは乳がんとともに、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が深く関わっており、初潮が早い人や閉経の遅い人、また出産経験のない人などはエストロゲンの影響を長期間受けているため、発症リスクが高くなっているようです。

初期症状としては、月経以外の不正出血が多く、進行すると悪臭を発するおりものが増加します。
閉経後であれば不正出血にも気づきやすいですが、閉経前後だと月経不順と間違え発見が遅れてしまいます。
やはり定期検診をきちんと受けることにより、早期発見につながります。

卵巣がん

卵巣がんは卵巣に発生するがんで、多くは卵巣表面を覆う表層上皮性細胞から発生した腺癌が半数以上を占めています。 妊娠未経験の女性に多いとされ、上記のがんにくらべても特に自覚症状がなく、ほとんどが他の部位への転移により発覚することが多いのも特徴です。

卵巣腫瘍は良性でも悪性でも無症状なことが多く気づきにくいですが、腹部が張った感じがする、骨盤または腹部の痛み、満腹感、頻尿・便秘などが続くといった初期症状が挙げられます。
早期発見するには定期健診をこまめに受診するしかありません。

全年齢による女性のがん罹患リスクと死亡リスク

ここまでの女性特有のがんをふまえて、がんによる全年齢での女性の罹患リスクと死亡リスクを見てみましょう。
全てのがんを合わせると、一生涯のうち2人に1人ががんに罹り、6人に1人ががんを原因として亡くなっています。
全体で見ると女性特有の部位が際立って多いというわけではありませんが、乳がんは11人に1人がなり、70人に1人の死因となっていることから、女性にとっての身近な病気であり、決して客観視できない確率なのがわかりますね。

部位 生涯がん罹患データ(2012年) 生涯がん死亡データ(2014年)
死亡リスク(%) 何人に1人か 罹患リスク(%) 何人に1人か
全がん 47% 2人 16% 6人
食道 0.40% 228人 0.20% 489人
6% 18人 2% 60人
結腸 6% 18人 2% 59人
直腸 2% 48人 0.60% 175人
大腸 8% 13人 2% 44人
肝臓 2% 49人 1% 92人
胆のう・胆管 2% 57人 1% 109人
膵臓 2% 43人 2% 63人
5% 21人 2% 46人
乳房(女性) 9% 11人 1% 70人
子宮 3% 33人 0.70% 143人
子宮頚部 1% 76人 0.30% 312人
子宮体部 2% 62人 0.20% 409人
卵巣 1% 87人 0.50% 188人
悪性リンパ腫 2% 68人 0.50% 189人
白血病 0.70% 151人 0.40% 279人

そして下の表では、現在の年齢からこの先の一定の年齢までに、がんになる確率はどのくらいかを知ることができるデータになっており、そこからリスクの高まる年代を読み取ることができます。
現在のご自身の年齢から、今後何かしらのがんになる確率を表しています。

〈年齢別・女性〉

現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後 生涯
0歳 0.10% 0.20% 0.60% 2% 5% 11% 18% 29% 47%
10歳 0.10% 0.50% 2% 5% 11% 18% 29%   47%
20歳 0.40% 2% 5% 11% 18% 29%     47%
30歳 1% 5% 10% 18% 29%       47%
40歳 4% 9% 17% 28%         46%
50歳 6% 14% 25%           44%
60歳 9% 21%             41%
70歳 13%               36%
80歳                 29%

出典:国立がん研究センターがん情報サービス『最新がん統計』

女性はがんになる恐れのある部位が男性よりも多い分、年齢の若いうちから、定期的な検診や治療に備えた対策を万全にしておく必要がありそうです。

女性特有のがん保障とは

女性の罹患率データをふまえて、「女性特有のがん保障」は必要なのでしょうか。
特に女性特有ではない、大腸がんや胃がんであっても可能性は高く、一般的ながん保険でカバーできるのでは?と考えてしまいます。
しかし、女性特有のがんに対する保障には一般的ながん保険にはない特徴が用意されています。

  • 入院日額を上げる

    女性特有のがんの場合にはデリケートな部位の治療となるので、少人数の部屋や個室を利用したくなることがあります。その場合には差額ベッド代が必要となりますので、その分を補うためにも手厚く入院給付金が支払われるしくみになっています。 さらには、特殊な下着やウィッグといった特別な支出も考えられますので、入院給付金はなるべく万全の状態で備えられると安心です。

  • 子宮全摘出や乳房観血切除術を受けたときの給付金

    特に治療が高額であるといった理由ではなく、入院給付金と同じく差額ベッド代などの費用がかかることに加えて、退院後も療養するなどの経済的負担を軽くするための給付金です。 通常の手術給付金でも支払われますが、摘出となると心も身体も負担は大きくなりますので、経済的な支えはありがたいと思います。

  • 乳房再建術を受けたときの給付金

    乳房観血切除術を受けた後に、乳房再建術を受けたときにもらえる給付金です。
    乳房再建術は手術によっても金額は異なりますが、一般的に片方の乳房で50万円~100万円ほど費用がかかってしまいます。
    人口乳房(シリコン)を使用する再建術の場合には、健康保険の適用外となりますので、全額自己負担となってしまうため、その費用を補うために活用できます。

    また見た目が変わることから、子宮全摘出や乳房観血切除術と同様に心も身体も負担は大きくなりますので、経済的な面だけでもカバーしてもらえるのはとても助かります。

  • 抗がん剤治療でのホルモン剤・経口投与が対象内

    通常の医療保険に付帯している抗がん剤治療の給付金では、ホルモン剤・経口投与が対象外となっているものもありますが、乳がんの治療では多くがホルモン剤での治療となるケースが多くなっています。

    女性特有のがん保険ではこのホルモン剤・経口投与もしっかりカバーしており、治療に役立てるような保障となっているのも安心できる点です。

こういった一般的ながん保険ではない保障が受けられる点は魅力であり、ついていると安心な保障内容も多くなっています。
がん保険の特約として付帯できるのであれば、女性なら検討する価値があるのではないでしょうか。

まとめ

がん保険では一般的に告知があり「がんになると入れない」商品が多くを占めます。
男性に比べて若い年齢からがんになる可能性が高いことや、女性特有のがんによる治療費の負担を考えると、女性の方がしっかりと備える必要性が高いと言えます。
年齢も若いうちであれば割安に保障を持てることを考慮しても、なるべく早めにがん保険の加入を検討することをおすすめします。

AFH243-2017-0188 6月28日(190628)

生命保険ランキング

  • 一緒に働く仲間を募集中
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談