朝日生命の資料請求サイト

募集代理店:株式会社アイ・エフ・クリエイト

0120910091

無配当7大疾病保険(返戻金なし型)Sスマイルセブンスーパー<保障内容>

スマイルセブンスーパー

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

保障内容

無配当7大疾病保険(返戻金なし型)S・無配当7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S

以下の支払事由に該当したときに、7大疾病一時金・7大疾病初回一時金をお支払いします。

支払事由
がん
  • がん(上皮内新生物を含みます)と診断確定されたとき
6大疾病 急性心筋梗塞
拡張型心筋症
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症で1日以上の入院をしたとき
  • 急性心筋梗塞・拡張型心筋症の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき
脳卒中
脳動脈瘤
  • 脳卒中で1日以上の入院をしたとき
  • 脳卒中の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき
  • 脳動脈瘤が破裂したとき
  • 脳動脈瘤の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき
慢性腎不全
  • 慢性腎不全により永続的な人工透析療法を開始したとき
  • 慢性腎不全の治療を直接の目的として腎移植手術を受けたとき
肝硬変
  • 肝硬変による食道・胃静脈瘤が破裂したとき
  • 肝硬変による食道・胃静脈瘤の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき
  • 肝硬変の治療を直接の目的として肝移植手術を受けたとき
糖尿病
  • 糖尿病による糖尿病性網膜症の治療を直接の目的として所定の手術を初めて受けたとき
  • 糖尿病による糖尿病性壊疽(えそ)の治療を直接の目的として1手指以上または1足指以上について所定の切断術を受けたとき
高血圧性疾患
  • 高血圧性疾患による(解離性)大動脈瘤が破裂したとき
  • 高血圧性疾患による(解離性)大動脈瘤の治療を直接の目的として所定の手術を受けたとき
  • 同時期にがんによる7大疾病一時金の支払事由に複数該当した場合でも、7大疾病一時金を重複してお支払いいたしません。また同時期に6大疾病による7大疾病一時金の支払事由に複数該当した場合でも、7大疾病一時金を重複してお支払いいたしません。
  • 7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)Sの7大疾病初回一時金の支払いは1回限りです。

<7大疾病一時金の2回目以降のお支払いについて>

がんによる7大疾病一時金、6大疾病による7大疾病一時金それぞれについて、7大疾病一時金が支払われた「最終の支払事由該当日からその日を含めて1年を経過した日の翌日」以後、新たに7大疾病一時金の支払事由に該当したときは、新たに該当した支払事由に対する7大疾病一時金をお支払いします。

  • 拡張型心筋症、人工透析療法の開始、糖尿病性網膜症によるお支払いは1回限りとなります。
  • 急性心筋梗塞、脳卒中については新たに発病していること、脳動脈瘤、食道・胃静脈瘤、糖尿病性壊疽(えそ)、大動脈瘤、解離性大動脈瘤については新たに生じていることが必要となります。
  • がんによる7大疾病一時金が支払われた「最終の支払事由該当日からその日を含めて1年を経過した日の翌日」以後、がんの治療を直接の目的とする入院を開始したときは、その日にがんと診断確定されたものとして取り扱います。
  • がんによる7大疾病一時金が支払われた「最終の支払事由該当日からその日を含めて1年を経過した日の翌日」にがんの治療を直接の目的とする継続入院中のときは、その日にがんと診断確定されたものとして取り扱います。
  • 6大疾病による7大疾病一時金が支払われた「最終の支払事由該当日からその日を含めて1年を経過した日の翌日」に拡張型心筋症、新たに発病した急性心筋梗塞または脳卒中の治療を直接の目的とする継続入院中のときは、その日に拡張型心筋症、急性心筋梗塞または脳卒中の治療を直接の目的とする新たな入院を開始したものとして取り扱います。

無配当先進医療特約(返戻金なし型)S

支払事由 支払金額 支払限度
先進医療給付金 所定の先進医療による療養を受けたとき 先進医療にかかる技術料と同額
  • 1回の療養:450万円
  • 通算:2,000万円
先進医療見舞金 先進医療給付金の10%相当額
  • 1回の療養:45万円
  • 通算:200万円
  • 支払事由に該当する先進医療は、療養を受けた時点において、厚生労働大臣が定める先進医療で、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関で行われるものをいいます。ただし、厚生労働大臣が定める施設基準において、歯科(歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科)のみで実施することが定められている先進医療は対象外となります。なお、厚生労働大臣が定める先進医療は随時見直しされます。
  • 同一の先進医療による療養を複数回にわたって一連の療養として受けたとき、その療養を1回の療養とみなします。この場合、一連の療養を最初に受けた日にその療養を受けたものとみなして取り扱います。

無配当がん治療特約(返戻金なし型)S

支払事由 支払金額 支払限度
がん治療給付金

がんの治療を目的とする以下の治療を受けたとき

  • 1日以上の入院
  • 手術
  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療

がん治療給付金が支払われる治療を受けた日の属する月ごとに

がん治療給付金月額 × 給付倍率*

  • 通算:120倍
  • 1日以上の入院・手術・放射線治療・抗がん剤治療(ホルモン療法)のとき0.5倍、抗がん剤治療(ホルモン療法以外)のとき1.0倍
  • がん治療給付金の支払事由に該当する治療を同じ月に複数回または複数月分受けた場合でも、その治療のうち、最も高い給付倍率が適用される金額を上限として、がん治療給付金をお支払いします。
  • がん治療給付金の支払対象となる手術・放射線治療には所定の要件があります。
  • がん治療給付金の支払事由に該当する手術が、一連の治療過程に連続して受けた場合でも手術料が1回のみ算定される手術のときは、最初の手術日のみを支払対象となる手術日とします。
  • がん治療給付金の支払事由に該当する放射線治療が、一連の治療過程に連続して受けた場合でも放射線治療料が1回のみ算定される放射線治療のときは、放射線治療開始日のみを支払対象となる放射線治療日とします。
  • がん治療給付金の支払対象となる抗がん剤治療は、世界保健機関(WHO)の解剖治療化学分類法による医薬品分類のうち、「抗悪性腫瘍薬」「内分泌療法(ホルモン療法)」などに該当し、公的医療保険制度の対象となるがんの治療を目的とした所定の抗がん剤(ホルモン剤を含む)の投与または処方をいいます。

保険料払込免除特則

  • 「保険料払込免除特則」を適用することで、悪性新生物(上皮内新生物を含みません)と診断確定、または6大疾病で所定の状態の場合、以後の保険料の払込みが免除となります。
支払事由 保険料の払込免除事由
悪性新生物による
保険料の払込免除
悪性新生物(上皮内新生物を含みません)と診断確定されたとき
6大疾病による
保険料の払込免除
7大疾病一時金の急性心筋梗塞または拡張型心筋症、脳卒中または脳動脈瘤、慢性腎不全、肝硬変、糖尿病、高血圧性疾患の支払事由と同様
  • 「保険料払込免除特則」の適用・非適用にかかわらず、ご契約後、保険料払込期間中に、疾病または傷害により所定の高度障害状態になったときや、傷害により所定の身体障害の状態になったときは、以後の保険料の払込みが免除となります。

その他

  • 7大疾病保険(返戻金なし型)Sには、返戻金はありません。
  • ご契約後の給付金等の中途付加・増額、保険料払込免除特則の取消・適用は取り扱いません。
  • 法令改正等による公的医療保険制度等の改正や医療技術または医療環境の変化が、支払事由に影響を及ぼす場合には、朝日生命は主務官庁の認可を得て、将来に向かって支払事由を変更することがあります。

「7大疾病保険(返戻金なし型)S」「7大疾病初回一時金特約(返戻金なし型)S」「がん治療特約(返戻金なし型)S」「保険料払込免除特則」のがんを原因とする保障の責任開始の時は、保険期間開始の日からその日を含めて90日を経過した日の翌日となります。がんを原因とする保障の責任開始の時より前にがんと診断確定されていた場合には、「7大疾病保険(返戻金なし型)S」(付加特約を含みます)は無効となり、給付金等はお支払いしません。また、保険料の払込みも免除しません。

  • 本ページでは商品の概要を説明しています。ご契約の際は、「商品パンフレット」・「ご契約のしおり-(定款)・約款」もしくは「ご契約のしおり(抜粋版)」を必ずご覧ください。また、特に重要な事項については、「契約概要」・「注意喚起情報」・「お申込内容控」も合わせてご覧ください。
  • 保険料は2019年4月時点のものです。
  • 朝日A-30-392(31.3.14)

お申込み・資料請求などの
各種お手続きはこちら

電話で資料請求・お問い合せ