生命保険の基礎知識

ネット生命保険のメリット・デメリット

最近では、インターネット上で申込や各種手続きができる「ネット生命保険」が数多くあります。
割安な保険料で加入できるのが魅力のネット生命保険ですが、対面型の保険とはどういった部分に違いがあるのか、本当に安いのか気になる方も多いかと思います。ネット生命保険に加入するとき、どういったところに気をつけなければならないのか、メリット・デメリットについてご紹介します。

■もくじ(ページ内リンク)

ネット生命保険のメリットとデメリット

ネット生命保険が最安ではないケースとは?

契約の前に確認したいこと

ネット生命保険のメリットとデメリット

【ネット生命保険のメリット】

〈比較的保険料が安い〉

ネット型の生命保険が安い理由のひとつとして、インターネットを最大限活用していることにあります。

対面形式や郵送契約の場合、約款やパンフレットなどが必要になりますが、インターネットを利用することでペーパーレスにしています。また、インターネット上で申込ができるため、お客様情報の登録などは申込希望者であるお客様がご自身でされるため、事務作業を減らして人件費をカットしています。このように、コストカットをして運用費を抑えることで、保険料を安く抑えています。しかし、ネット生命保険は割安ではありますが、必ずしも最安値とは限りません。

〈手軽に申し込みができる〉

ネット生命保険はインターネットからの申し込みが可能なので、インターネットの環境が整っているところであれば24時間いつでも申込手続きをすることができます。

時間や場所を問わずに申し込みができるのは、お近くに窓口がない方や多忙な方にとってはとても助かりますよね。ただし、申込時の必要事項はすべてご自身で埋めないといけませんので、初めて申込をされる方は思った以上に時間がかかってしまいます。ある程度まとまった時間が取れるときに手続きした方が安心です。

〈保障内容がシンプルで分かりやすい〉

保険の販売員にプランを作成してもらうと、生命保険に医療保障の特約が付いたりなど、いろいろな保障が一体となった複雑な内容になっていることがあります。一般の方が保険証券を見ても、すべてを理解するのはなかなか難しいですよね。

その点ネット生命保険では、ご自身で内容を把握して保障を決めないといけないため、シンプルな保障内容になっている商品が多いです。保険の内容を理解をして必要な保障を選ぶことができるので、知らないうちに特約が付いていたという事態は避けることができます。

【ネット生命保険のデメリット】

〈手続きなどすべてが自己責任〉

先ほどお伝えしたように、ご自身でじっくり選べる反面、すべてが自己責任となります。
通常だと保険販売員の方が説明してくれるような、保障内容や付帯している特約や難しい重要事項なども、わからないことはご自身で調べてきちんと理解し、告知欄もすべて自力で埋めなければなりません。

〈告知基準が厳しいケースがある〉

対面での申し込みとは違い、ネット上の契約では顔が見えないので、告知の基準は厳しい場合が多いです。告知内容は、保険金支払いに関わってくる重要な申告となりますので、ありのままを正確に入力する必要があります。ご自身で感じている健康と、保険会社の健康の基準は異なることもあるので「これくらいはまあいいか」と自己判断せず、申告すべきかどうか判断に迷った場合は必ず問い合わせてください。

正確に告知をせずに契約してしまうと、告知義務違反として保険金が支払われないなど後々トラブルになる可能性もあります。「○○は記入する必要はありません」と書いてあるもの以外は素直に申告しましょう。申告はすべて契約者のモラルと自己責任ですので、入力ミスなどがないように注意して、ありのままを正確に申告しましょう。

〈取り扱い商品が少ない〉

インターネット上で全てを完結させるネット生命保険は、保険の販売員がいないため誰が見ても分かるようシンプルに設計されているのが特徴です。シンプルで分かりやすいのはメリットでもありますが、シンプルゆえに選べる商品が少なく、ニーズをカバーしきれない場合があります。特にネット生命保険では掛け捨て型のタイプがほとんどを占めており、手厚い保障などを求めている方には物足りなさを感じることもあります。

ネット生命保険が最安ではないケースとは?

ネット生命保険は割安ではありますが必ずしも最安ではありません。ネット型以外の生命保険も割安になるケースはあり、保険会社や商品によっても異なりますが、下記のような割引があります。

・非喫煙者割引・・・煙草を吸わず深刻な病気になりにくいと判断される方のための割引
・健康体割引・・・血圧が正常な方や、BMIの数値などが基準値で病気になりにくいと判断される方ための割引
・優良ドライバー割引・・・ゴールド免許や自動車保険の等級などにより、死亡確率の低い方のための割引

健康体と判断された方はその分だけ割引をされ、死亡や病気のリスクが少ない人と予想されます。結果的にコストカットされたネット生命保険よりも安く加入できた、というケースもあるのです。

契約の前に確認したいこと

これまでのメリットとデメリットをふまえて、ネット生命保険をどう活用したらよいのかを考えてみましょう。

ネット生命保険は、ご自身ですべてを決めて手続きを行わなければなりません。保険についての知識をお持ちの方でしたら、ネット生命保険への加入は問題ないと思いますが、一般の方は保険の知識がある方からきちんと説明を受けられたほうが安心ですね。また、健康状態が良好な方であれば、告知も複雑にならずに入力でき、申込を断られる心配も少なく済みますね。

安さに目が行きがちですが、保険は万一の時に備えるお守りです。ご自身に必要な保障があるか、きちんと加入する保険の内容を理解した上で契約ができているか、ご自身の納得いく保険に加入することが大切です。後々トラブルにならないためにも、ご自身にどういった保障が必要なのか一度プロに相談してみるのもよろしいのではないでしょうか。

生命保険をご検討の方は生命保険比較サイト「i保険」ページをご覧ください。同サイトでは、プロのファイナンシャルプランナーによる個別の無料相談も行っています。

お電話で生命保険の資料請求・お問い合わせはこちら【通話無料】募集代理店:アイ・エフ・クリエイト0120-873-100【受付時間】9:30~18:00(年末年始、日曜、祝日は除く)資料請求いただいたお客様の個人情報の利用目的は、当社が委託を受けている保険会社の各種商品やサービスの案内・提供・維持管理となります。また、上記の保険会社の各種商品やサービスの案内等のために、当社がその提携先である保険会社の代理店と共同して対応する際には、個人情報が当該代理店に提供されることにつきご了承ください。

この記事を書いた人

奥寺 佳彦

株式会社アイ・エフ・クリエイト

日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー(AFP)