低金利時代の賢い資産形成

保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 『相続&贈与』資金・介護資金ハンドブック プレゼント

『相続&贈与』資金・介護資金ハンドブック
応募者全員プレゼント!

応募者全員 老後の「不安」を解消しよう 先着3,000名様 「相続&贈与」資金・介護資金まるわかりハンドブックプレゼント! お申込みはこちら

昨今、相続資金贈与資金を切り口にした雑誌や金融機関セミナーなどを多く目にするようになりましたね。
実際に「相続の問題」は身近なものであり、介護についても真剣に考えなければならない問題としてニーズが高まってきていると言えます。

相続にせよ介護にせよ、事前に準備するのとしないのでは、残された方の金銭的負担・身体的負担は大きく変わるものです。

相続について考える!

相続に関する事前準備には「相続対策」と「相続税対策」の2つがあります。
相続対策は、財産を分けられるか?という"遺産分割対策"であり、「誰に・何を・いくら」という三本柱で考えます。
相続税対策は、相続税を払えるか?という"納税資金対策"と、相続税を減らせるか?という"相続税軽減対策"の2面で考える必要があります。

相続対策と相続税対策の図

介護について考える!

「介護」は資金的問題だけでなく、親族への肉体的負担を強いる可能性もあるため、しっかり考えておきたいものです。

もしも介護状態になったとき、「施設介護」にするのか「在宅介護」にするのかによっても、準備するお金は大きくかわってきます。

夫婦

在宅サービスでは、自己負担をする介護サービス費用に加えて、住宅のリフォーム費用等を見込む必要もあります。

相続資金や介護資金の問題はできればあまり考えたくないものですが、相談件数は確実に増えてきているように思います。
そしてその不安は、心配事の整理ができていないために、必要以上に不安を覚えているように思います。
この「相続&贈与」資金介護資金まるわかりハンドブックが心配事の解消に繋がれば幸いです。

「相続&贈与」資金・介護資金まるわかりハンドブックでは「老後のあんしん」を手に入れるにはどうすればいいか、
「相続」「贈与」「介護」の分野に分けて解説しています。

「相続&贈与」資金・介護資金の積立方法、FPに相談してみませんか?

ファイナンシャル・プランナーに相談して、無理のない資金計画を考えてみてはいかがでしょうか。

生命保険ランキング

  • ライフプラン無料相談サービス 未来のこと お金のこと
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談