保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 生命保険の種類から選ぶ

生命保険の種類から選ぶ

医療保険

病気やケガで入院や手術を受けた場合に備えるための保険です。通院をした場合や、先進医療での治療を受けた場合も保障してくれるなど商品によってさまざまな特徴があります。

がん保険

がんで入院や手術を受けた場合に備える保険です。がんと診断確定されたときに診断給付金や、入院・手術、死亡に対しても給付金が受け取れるなど商品によってさまざまな特徴があります。

定期保険(死亡保険)

万一の場合に残された家族の生活費や教育費などを備えるための保険です。保障期間が定まっているため、保険料は抑えながら大きな保障を準備することができます。

終身保険(死亡保険)

万一の場合に残された家族の生活費や葬儀代などを備えるための保険です。保障期間は一生涯となるため、安心して万一の場合の準備ができます。

こども/学資保険

お子様の将来の教育資金を備えるための保険です。契約者である親に万一のことがあれば、保険料の支払は免除になったり、育英年金が受け取れる商品もあります。

個人年金保険

公的年金だけでは賄いきれない老後の生活費を備えるための保険です。決められた期間を受け取れるプランや、一生涯受け取れるプランもあります。

女性保険

女性特有の病気や手術に対して保障を手厚くしたい方が備える保険です。 女性特有の病気だけではなく、全てのがんにも手厚くなっている商品もあります。

引受基準緩和型保険

持病を持っていたりお薬を飲んでいるなどの理由で、通常の保険では加入が難しい方が備えるための保険です。通常の保険よりの保険料は割高となり、保障も一定期間削減される場合があります。

介護保険

保険会社所定の介護状態になったときの介護費用を備えるための保険です。一時金としてまとまった給付金を受け取る商品や、年金形式で毎年給付金を受け取る商品などがあります。

就業不能保険

病気やケガによって、長期間働けなくなってしまった場合に備える保険です。毎月お給料のように給付金を受け取ることができます。

迷ったらこちら

生命保険は心配事に応じて種類が分かれています。どのような保険に加入したらよいか分からない方は、 心配事と保険の種類を簡単に表にしてみましたので、保険選びの参考にご覧ください。

生命保険の種類とは?

生命保険は、自分や家族に訪れる将来のリスクに備えて加入するものですが、備えたい目的となるリスクにあわせて多くの種類があります。万一の死亡時に備える生命保険(死亡保険)、 病気やけがで入院・手術・先進医療を受けたときの医療費を保障する医療保険やがん保険、将来のために積み立てをする個人年金保険やこども/学資保険などがあります。
ここでは生命保険を保険種別ごとに一覧で紹介しています。自分が備えたい保険が見つかりましたら個別ページでより詳しい特徴や選び方などもご案内していますので、ぜひ保険選びにお役立てください。

生命保険ランキング

  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談