生命保険の基礎知識

生命保険の種類と目的別の選び方

さまざまな生命保険の商品が並んでいると、死亡保障にはたくさんの種類があるように感じて、一体どれを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。
しかし、生命保険の仕組みを理解すれば選ぶことはそう難しくなく、それぞれの商品の利点も見えやすくなってきます。

ここでは保険の種類をご紹介し、どのような目的に適しているのかをご紹介します。

■もくじ(ページ内リンク)

生命保険の種類はたったの3種類

生命保険の目的別の選び方

生命保険の種類はたったの3種類

生命保険の種類は複雑そうに見えますが、基本的には3つの形に分けられます。
・一生涯死亡の保障をする「終身保険」
・一定期間の死亡保障があり、掛け捨てで割安な保険料の「定期保険」
・一定期間の死亡保障と、満期時には死亡保障と同額の満期保険金を受け取れる「養老保険」
それぞれの特徴や活用例を見ていきましょう。

【終身保険】

〈終身保険の特徴〉

・保障は一生涯続き、いつ亡くなられても死亡保険金が受け取れる
・保険料が変わらない
・年々解約返戻金が増えていく
・毎月の保険料が高い
・途中解約すると損をしてしまうこともある

〈終身保険の上手な活用法〉

終身保険は補償が一生涯続くため、必ず保険金を支払うことになります。つまり「保障の部分+貯蓄の部分」の保険料を払うことになるため、掛け捨てよりも高くなってしまうのです。
終身保険は、契約した年齢の保険料のまま、保障が一生涯続き、保険金を受け取ることになります。お葬式代や相続税対策など「将来必ず必要になる保障」を持つ際の準備として検討しましょう。

また終身保険の特徴として、一定の払込期間を過ぎたあとは解約払戻金が払込保険料の金額よりも増えていきます。
終身保険は貯蓄性の高い商品でもありますので、子供の学費や老後の貯蓄代わりに活用する方法も一般的となっています。
ただし、払込期間中に途中で解約してしまうと元本割れをするリスクがあります。結果的に損をしてしまうことにならないよう、無理なく計画的に利用した方が良いでしょう。

終身保険は一生涯保障で解約返戻金は年々増えていきます

〈出典:i保険比較サイト一般的な終身保険〉

〈定期保険の特徴〉【定期保険】

・必要な期間だけ保障期間が選べ、見直しもしやすい
・毎月の保険料が安いので、高額な保障を持ちやすい
・保険料は基本的に掛け捨てとなり、期間が過ぎると保障が終わる(更新する場合は保険料が上がる)
・更新せずいったん契約終了した場合、また入り直すにはまた健康状態などの審査が必要となる

〈定期保険の上手な活用法〉

定期保険は保障期間が選べるのが利点です。必要な一定期間のみ加入することができ、掛け捨てのため保険料は安く、大きな保障を備えられるところが魅力です。
子どものいるご家庭で、子どもが自立するまでの保障の上乗せとして利用すれば、保険料で家計を圧迫することなく、大きな保障を持つことができます。

ただし、保険期間終了後には保障がなくなってしまい、更新する場合は更新時の年齢によって保険料が決定するので、更新するごとには支払う保険料は高くなってしまいます。
ずっと必要になる保障は終身保険で準備し、状況に応じた不足分を定期保険で補うなど「一定期間だけ保障が必要」または「途中で解約することが前提」といった場合の活用方法として検討することをおすすめします。

なお、定期保険にはいろいろな応用パターンがありますので、あわせてご紹介します。

・収入保障保険

契約者に万が一のことがあった場合に、遺された家族に対して、毎月または毎年年金のように支払われる収入保障型の死亡保障です。
商品によっては一括で受け取れるものもありますが、受取総額は若干少なくなります。

特徴としては、最初に加入したときが保障額のピークになっていて、年数が経つごとに死亡保障額は減っていき、満期とともに終了します。
死亡した場合は、保険満了までの残存期間が遺族に保険金を支払われることとなります。
子供が成長するにしたがって必要な保障は減っていくので、小さなうちは大きく保障を残し徐々に減らしていくという場合に合理的ですね。
保障が減っていくのに従って保険料も下がっていくので、一定期間ずっと大きな保障額を持つよりも安く備えることができます。

・逓減(ていげん)定期保険

収入保障保険と同じく、保障額がだんだん減っていきます。違いとしては、
逓減型の定期保険は保険金の受け取り方法が一括という点です。

収入保障と同じく、最初は大きな保障が必要だけど、だんだん必要額が
減っていく場合に活用すると良いでしょう。

・逓増(ていぞう)定期保険

上記の保障額が減っていく保険に対し、こちらはだんだん増えていく形になります。
なお、逓増定期保険の解約返戻金は保障期間の途中でピークに達し、満期時にはなくなります。

・長期定期保険(長期平準定期保険)

こちらも逓増保険と同じく、保障期間の途中で解約返戻金がピークとなり、満期時にはなくなるしくみになっています。

【養老保険】

〈養老保険の特徴〉

・保障期間が一定で、貯蓄を目的とした死亡保障
・満期時には死亡保障と同額の満期金を受け取ることができる
・積立型の保険商品なので、保険料が高い

〈養老保険の上手な活用法〉

養老保険は定められた保障期間で、死亡保障と貯蓄を兼ね備えた保険です。保障期間中に死亡した場合は死亡保険金が、保障期間まで生存していた場合は死亡保険金と同額の満期金が受け取れます。
確実に貯めることができ、積立貯蓄に死亡保障がついたようなしくみになっています。
保険料は満期金として受け取る分も保険料として含まれていますので、保険料割高になってしまいます。
最近はあまり利率がよくないため、商品自体が少なくなりましたが、身近なものとしては「学資保険」がこの保険となります。
特約を付けることにより、保障は大きくできますが、貯蓄性が下がることがほとんどです。何に備えるかを明確にして加入することが大切です。

生命保険の目的別の選び方

ここまでご紹介した3つの特徴や死亡保障とあわせた活用法を一覧にまとめてみます。

終身保険 定期保険 養老保険
保障期間 一生涯 一定期間のみ 一定期間のみ
保険料 高い 安い/掛け捨て とても高い
目的別の活用法 必ず必要となる保障の準備 一定期間の保障の増額 死亡保障を兼ねた
貯蓄や資産運用
・お葬式費用や相続対策
・老後の生活資金の準備
・子供の学費の準備
・遺族の生活資金の上乗せ
・子供が大きくなるまでの収入保障
・高額保障の準備
・老後の生活資金の準備
・子供の学費の準備
・資産運用など
満期金・解約返戻金 解約返戻金あり なし 満期金・解約返戻金共にあり

上記の特徴をもとにしくみを理解することで、ご自身にあった商品を選びやすくなるかと思います。
保険は特約や複数の保険を組み合わせることで、幾とおりもの保障をつけることができます。
プロのファイナンシャルプランナーに相談することで、ご自身の家計状況を客観的に把握することができます。
『保険のプロ』による生命保険無料相談のご案内ページでは、ファイナンシャルプランナーへの相談申込みができますのでお気軽にお申込みください。
複雑に感じる生命保険は、内容を理解せずに加入している方が多くいらっしゃいます。ご自身が保険に入りすぎていないか、足りない保障はないか、今の生活に合った保険に加入しているか確認してみてはいかがでしょうか。
生命保険をご検討の方は生命保険比較サイト「i保険」をご覧ください。

お電話で生命保険の資料請求・お問い合わせはこちら【通話無料】募集代理店:アイ・エフ・クリエイト0120-873-100【受付時間】9:15~18:00(年末年始、日曜、祝日は除く)資料請求いただいたお客様の個人情報の利用目的は、当社が委託を受けている保険会社の各種商品やサービスの案内・提供・維持管理となります。また、上記の保険会社の各種商品やサービスの案内等のために、当社がその提携先である保険会社の代理店と共同して対応する際には、個人情報が当該代理店に提供されることにつきご了承ください。

この記事を書いた人

奥寺 佳彦

株式会社アイ・エフ・クリエイト

日本FP協会認定ファイナンシャルプランナー(AFP)