メニュー

保険のご相談・お問い合わせ

\まずはお気軽にお電話ください/

tel0120-873-100通話無料

受付時間 9:30~18:00(日曜・祝日・12/30除く)

ご相談はオンラインでも訪問でもOK!

保険無料相談サービス

  1. 生命保険比較
  2.  >  生命保険人気ランキング
  3.  > 引受基準緩和型保険(死亡保険)人気ランキング

 
引受基準緩和型保険
(死亡保険)人気ランキング

更新日:

引受基準緩和型保険(死亡保険)の人気商品ランキングです。
現在の健康状態に不安がある方、持病がある方、入通院歴がある方などを中心に選ばれています。お申込みの際に告知していただく内容によっては、引受基準緩和型ではない通常の保険商品のご案内ができる場合もあるため、それぞれの内容を確認したうえで選んでいただくことをおすすめいたします。

商品の詳しい資料がほしい方は…
チェックを付けてまとめて資料請求!
(無料)

i保険 申込件数調べ(2023年12月16日~2024年2月15日)

このプランが試算できない理由は下記のいずれかです。
他のプランであれば試算できることがあります。
  • ・加入年齢の範囲外のため
  • ・最低保険料を下回っているため

(※1件の保険契約で支払うべき最低の保険料です。各保険商品によって額は異なります)

引受基準緩和型保険とは?

「引受基準緩和型保険」とは、通常の保険と比べて告知項目が少なく、告知内容も緩やかになっている保険です。
そのため、健康状態に不安がある方、持病がある方、入院・手術歴がある方でも入りやすくなっています。

引受基準緩和型保険(死亡保険)の告知項目

引受基準緩和型保険(死亡保険)は、通常より簡単な告知でお申込みいただけます。
各社それぞれ2~4つ程度の告知項目があります。ご自身の健康状態と照らし合わせて確認してみましょう。

ファイナンシャルプランナーが考える緩和型死亡保険の選び方

1. 健康状態に不安がある方も加入しやすい保険

一昔前であれば、持病や入院・手術歴がある方や高齢の方は保険に加入することは難しかったです。
しかし今は一定の条件を満たすことで、通院中や投薬中の方、過去に入院・手術歴がある方も検討できる緩和型死亡保険が増えてきています。

また、保障は一生涯で、契約年齢は80歳や85歳の方まで検討できる商品もあり、健康状態や年齢を理由に保険加入をあきらめていた方にとっては、前向きに検討しやすい環境になってきました。

2. 緩和型保険とは

例えばテレビCMをご覧になって「誰でも無条件に保険に入れる」という印象を持たれる方も少なくないと思います。
しかし実際は保険商品ごとに定められている「簡易的な告知」があり、3つほどの健康状態の質問全てに該当がない場合は、持病がある方や過去に入院・手術歴がある方もお申込みができます。

つまり「緩和型」という名称は、「健康状態の告知内容が健康な方向け用の保険に比べて緩やかになっている」という意味になります。

ご職業により、引受けを制限させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

3. どのくらいの死亡保険金で備えるべきか

なぜこのような緩和型の保険を販売できるのか疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、理由はシンプルで、「健康な方向けの他の死亡保険と比べて保険料が割増しされている」からです。

保険料が割増しされていることを懸念される方も少なくないかもしれませんが、保障の大きさを調整することで、保険料を予算内に抑えることができます。

例えば、働き盛りの30~40代では、万が一のときの「家族の生活費」「子供の教育資金」をカバーする目的が中心になるため、死亡保険金額1,000万円~2,000万円で備えることが多いです。
しかし、「子供の成長・独立」や「ご自身の退職」など、生活環境の変化にあわせて死亡保険金を備える目的や適正な金額も変わっていきます。

ちなみに、緩和型死亡保険に加入する目的として特に多いのが「葬儀費用」です。
葬儀の種類には、一般客を招いた一般葬のほかに、家族葬や、通夜を行わない一日葬、火葬のみを執り行う火葬式があります。このように葬儀と一言でまとめても、実際には規模や種類により費用の差があります。
なお、「葬儀費用」には葬式費用だけでなく、飲食費用、返礼品費用、お布施費用などが含まれる点もおさえておきましょう。

大切なことは、保険に加入する目的と照らし合わせて必要な費用を把握し準備することです。
また、ご自身の収入や年金に対して無理がない保険料のプランを選ぶことが、保険を長く続けていくためのポイントにもなります。

4. 緩和型死亡保険を選ぶポイント

次に保険会社の比較ですが、緩和型の死亡保険は「死亡したときに保険金を残すことができる」という比較的シンプルな保険になります。
よって、医療保険やがん保険と比べて、実は各社の保障内容にそこまで大きな違いはありません。

その中で特に注意するべき箇所は、死亡保険金額と支払う保険料のバランスの違いです。基本的に緩和告知内容(健康状態についての質問)が厳しいほど保険料が抑えられ、緩いほど保険料が高くなります。

また、商品は限定されますが、選択できる特約に「災害割増特約」があります。
この特約は「不慮の事故による死亡」「所定の高度障害状態」「特定の感染症」になったときに、主契約の死亡保険金に保険金を上乗せしてお支払いする特約です。コロナウイルスの影響もあり、「災害割増特約」のニーズも高まっていますが、死亡の理由として多いのは事故や特定の感染症ではなく、慢性疾患であることを押さえておきましょう。

5. ご自身が加入できる保険を探してみましょう

ここまで緩和型死亡保険についてご案内しましたが、前提として「持病、過去に入院・手術歴があったとしても、健康な方向けの商品で検討ができる可能性がある」ということも押さえておきましょう。

持病・入院・手術の種類や経過年数によって変わってきますが、まず一度健康な方向けの保険に加入できそうか調べてみるとよいでしょう。そのうえで緩和型死亡保険を検討する場合は、ご自身の健康状態を正確に把握し、緩和型の告知内容に該当しないかを確認しましょう。

まずは申込可能な保険商品を見つけ、商品候補を絞り込み、プランを検討することで、検討がスムーズになります。もし緩和型の告知に該当された場合は、残念ながら今すぐの申込は難しいですが、今の健康状態を維持することで1~2年後に申し込みができるようになることもあります。

まずはそうならないためにも、お身体の状態が安定しているうちに保険の検討を進めることが大切です。

執筆者

林田 憲治

(2級ファイナンシャル・プランニング技能士/株式会社アイ・エフ・クリエイト)

『お客様へ寄り添った案内』をモットーに、
スタッフ一同、親切・丁寧に分かりやすくご説明させていただきます。

執筆者から一言

ご自身の条件にあった緩和型死亡保険を選ぶための3ステップをご紹介します。

ステップ1:告知内容を確認する

告知内容は、同じように見えても保険会社や商品によって違いがあります。
例えば「〇年以内に、入院・手術をしたことがありますか?」という告知の場合、『2年以内』or『1年以内』など質問される年数に違いがあります。
告知に該当してしまうと基本的にその保険への申し込みは難しいため、まずはご自身の健康状態が該当しないかを確認しましょう。

持病があっても入りやすい保険の告知項目一覧(死亡保険)

ステップ2:優先順位に沿って保険料を比較する

死亡保険金額や保険期間が同じ条件であれば、支払う保険料は安い方がいいですよね。
基本的に告知内容が厳しいほど保険料が抑えられ、緩いほど保険料が高くなります。そのため、告知内容が厳しい商品から順にご自身が加入できるかを確認することで、条件が良い保険を見つけやすくなります。

<1:通常タイプの保険を検討 → 2:持病があっても入りやすい保険を検討 → 3:告知の無い無選択型の保険を検討>

ステップ3:細かい注意点を確認する

「保険金額が50%に削減される期間ありorなし」や「定期タイプor終身タイプ」など、細かい点もよく確認し検討しましょう。

「どの保険会社を比較したらいいのかわからない」「自分に合ったおすすめを知りたい」という方は、まずはお電話でお気軽にお問い合わせください。

保険ランキング一覧

H2002-3604

AFH234-2023-0550 9月22日(250922)

目的に合った保険商品をまとめて資料請求(無料)

保険の種類

年齢

性別

保険のご相談・お問い合わせ

保険のことなら何でもお気軽にご相談ください!

電話で相談する

FPがその場でご質問やご相談にお応えします

\まずはお気軽にお電話ください/

tel0120-873-100通話無料

受付時間 9:30~18:00(日曜・祝日・12/30除く)

オンライン・訪問で相談する

FPがお客様の現状やご希望などを
詳しくお伺いし、適切なプランをご提案します

保険無料相談サービス

  • このページのランキングは、「保険比較サイトi保険」の取扱保険商品について、上記期間の申込件数に基づいて作成したものです。そのため、保険商品の優劣を意味するものではありませんのでご注意ください。商品詳細につきましては、「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」などを必ずご覧ください。
  • 掲載している商品は時点での保険比較サイトi保険取扱商品のみとなります。あらかじめご了承ください。
  • 記載の保険料・保障内容(補償内容)などは、現在のものです。
  • このページでは、各商品の特定のプランに30歳(女性)が加入した場合の保険料を、商品検討の参考として掲載しています。月払保険料の「―円」表示は、その商品の特定のプランにおいて、30歳(女性)の方がお申込みいただけないことを意味します。その他の年齢条件・性別条件ではお申込みいただけます。
  • 商品が改定された場合には、旧商品の契約件数と合算集計して掲載しております。

チェックした商品を資料請求する