メニュー
  1. 生命保険比較
  2.  >  生命保険人気ランキング
  3.  > 終身保険(死亡保険)人気ランキング

 
終身保険(死亡保険)人気ランキング

更新日:

終身保険(死亡保険)の人気商品ランキングです。
一生涯続けることができる死亡保険なので、期間が限定されている定期保険に比べ保険料は割高になりますが、保障が途中で切れないことが終身保険の人気の理由です。
また、持病がある方向けの引受基準緩和型タイプも、今まで保険加入を諦めていたシニア世代の方から多く選ばれています。

商品の詳しい資料がほしい方は…
チェックを付けてまとめて資料請求!
(無料)

i保険 申込件数調べ(2022年10月16日~12月15日)

USドル建終身保険 ドルスマート エスの費用および為替リスクについては必ずこちらをご確認ください。

終身保険(死亡保険)とは?

「死亡保険」とは、保険に加入している方に万一のことがあった場合、残されたご家族に対して保険金が支払われる保険です。
「終身保険(死亡保険)」は、死亡または所定の高度障害状態になったときの保障が一生涯続き、途中で解約した場合には解約払戻金を受け取ることができます。

万一のとき、家族に残すべきお金はどのくらい?

家計を支える立場の人に万一のことがあったとき、家庭の収入は減少してしまいます。残されたご家族の生活のために、死亡保険で準備しておきましょう。
必要な保障額は、家族構成や貯蓄額、将来のライフプランなどによって異なるため、まずは不足しそうなお金がどのくらいなのかを考えましょう。

ファイナンシャルプランナーが考える終身保険の選び方

1. 終身保険とは

終身保険とはどういった保険でしょうか。

基本的な保障内容は非常にシンプルです。
「被保険者が死亡したとき」または「所定の高度障害状態になったとき」に保険金が支払われ、解約せずに生存している限り保障は一生涯続きます。
さらに、原則保険料は加入時から一生涯変わらないため、更新で保険料が上がる心配がありません。

その他の特徴では、解約返戻金というものがあり、まとまったお金が必要になった時に解約をすることで、その時に必要な資金を確保することができます。
また、商品プランによりますが、全てを解約する方法と一部を解約する方法があることも押さえておきましょう。(※契約後に短期間で解約すると、解約返戻金が無いか、あってもわずかな場合が多いので注意しましょう。)

2. 加入する目的から保障額を決める

終身保険に加入する目的として挙げられるのは、「葬儀費用」「残された家族の生活費」「相続対策」「(解約返戻金を活用した)教育・老後資金」などがあります。

例えば、葬儀費用の準備が目的である場合、葬儀の形式も検討しておくと良いでしょう。
一般客を招いた一般葬、家族を中心とした親族や近しい知人のみで行う家族葬、通夜を行わず葬儀式・告別式の1日だけで済ませる一日葬、お通夜・告別式を行わず火葬のみを執り行う火葬式など、 形式は様々です。

どのような葬儀にするかを事前に決めておくことで、保険金額の選び方も変わってきます。
ちなみに、現在はコロナウイルスの影響で、火葬・一日葬のニーズが以前よりも高まっているようです。

「残された家族の生活費」や「(解約返戻金を活用した)教育・老後資金」についても、家族の人数・収入・支出・教育計画などによって必要な費用は変わってきます。
ご自身やご家族のライフプランを具体的にしていくことと、インフレ(物価や教育費用の上昇)などの外的要因にも対応できるような準備をしていくことが大切になります。

3. 終身保険の種類

次に終身保険の種類についてですが、まず大きく「定額保険」「変額保険」の2種類に分けられます。

「定額保険」は、死亡保険金額や解約返戻金が契約時に定まっている保険です。
例えば、死亡保険金額500万円で契約した場合、5年後も10年後も500万円の保障が続きます。シンプルで分かりやすいですよね。

一方「変額保険」は、運用実績により死亡保険金額や解約返戻金が変動します。
デフレに弱く、インフレに強いという特徴があります。死亡保険金額については契約時に定めた金額は最低保障があります。

また、定額・変額保険の中には、保険料を円で運用していく「円建て保険」や、外貨で運用する「外貨建て保険」もあります。
「定額保険」と「変額保険」、「円建て保険」と「外貨建て保険」それぞれの特徴を把握したうえで、自分に合った保険を選んでいくことが重要になります。

「変額保険」「外貨建て保険」には、お客さまにご負担いただく諸費用およびリスクがあります

お客さまにご負担いただく諸費用について

主なものは以下のとおりです。

保険契約
関係費
ご契約時の初期費用や、保険期間中、年金受取期間中の費用等、新契約の締結・成立・維持・管理に必要な経費です。
資産運用
関係費
投資信託の信託報酬や、信託事務の諸費用等、特別勘定の運用により発生する費用です。
解約控除 契約日から一定期間内の解約の場合に積立金から控除される金額です(解約時のみ発生いたします)。
  • 諸費用の合計額は上記を足し合わせた金額となります。
  • ご負担いただく諸費用やその料率は、商品によって異なりますので、詳しくは商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

リスクについて

「変額保険」「外貨建て保険」には商品の種類によって次のようなリスクがあります。
リスクの内容は商品によって異なりますので、詳しくは、商品ごとのパンフレット、契約締結前交付書面、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

変額保険 この保険は国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額、解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生ずるおそれがあります。
外貨建て
保険
この保険は為替レートの変動により、お受取になる円換算後の保険金額がご契約時における円換算後の保険金額を下回ることや、お受取になる円換算後の保険金額が、既払込保険料を下回ることがあり、損失を生ずるおそれがあります。

4. 終身保険を選んでみましょう

このように、終身保険と一言で言っても保険商品ごとに特徴が異なります。
まずは終身保険を検討する目的を整理し(例:「葬儀費用」「教育資金」「老後資金」など)、終身保険のなかでその目的を満たせる保険を選び、加入することで、ご本人・ご家族が安心できると思います。

しかし教育資金や老後資金は、実際にいくらくらいの費用を準備したらいいのかが分かりにくく、数値化するのは難しい部分もあるかと思います。
そんなときは、未来の資金計画表である「ライフプラン表」を作ることで、収入・支出の流れを数字化できたり、図やグラフで確認することもできます。
そうすることで終身保険のプラン選びがスムーズになります。

「ライフプラン表」と言ってもなかなかイメージがわかない方も多いと思います。
お悩みの方は、ぜひお気軽にファイナンシャルプランナーにご相談ください。
お客さまのライフプランを一緒に考え、サポートいたします。

保険のプロがご相談にお応えします

生命保険無料相談のご予約

執筆者

林田 憲治

(2級ファイナンシャル・プランニング技能士/株式会社アイ・エフ・クリエイト)

『お客様へ寄り添った案内』をモットーに、
スタッフ一同、親切・丁寧に分かりやすくご説明させていただきます。

執筆者から一言

なんといっても、一生涯保障されるという点が終身保険の大きな魅力ではないでしょうか。
「10年」「80歳」といったように保険期間が限定されている定期保険と比べると保険料は高くなりますが、先々の更新で保険料が上がらないことや、一生涯保障を続けることができる安心感は大きいです。

終身保険と定期保険のメリット/デメリット

<終身保険>
  • メリット:保障が一生涯続く。原則保険料は一生涯変わらない。
  • デメリット:定期保険と比べ、同じ保険金額の場合は月払保険料が高くなる。
<定期保険>
  • メリット:終身保険と比べ、同じ保険金額の場合月払保険料が安くなる。
  • デメリット:保障が一定期間で終わってしまう。更新の際に保険料が上がることがある。

また商品によっては、解約返戻金を活用することで教育資金もしくは老後資金の積み立て目的のプランを設計できます。万が一のときの保障を確保しつつ、将来の積み立てもしたいという方は検討してみると良いでしょう。

ただし、注意点もあります。払い込み期間中に途中で解約してしまうと、払い込んだ保険料総額よりも解約返戻金として返ってくる金額の方が一般的に少なくなります。
「どれくらいの保障が必要か?」という考えはもちろん大切ですが、「途中で解約しないで継続できる保険料か?」という視点も大切に検討していきたいですね。

保険ランキング一覧

H2002-3604

お問い合わせ・ご相談はこちら

tel0120-873-100通話無料

【受付時間】9:30~18:00(年末年始・日曜・祝日除く)

\ ご相談はオンラインでも訪問でもOK /

生命保険無料相談に申込む

  • このページのランキングは、「保険比較サイトi保険」の取扱保険商品について、上記期間の申込件数に基づいて作成したものです。そのため、保険商品の優劣を意味するものではありませんのでご注意ください。商品詳細につきましては、「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」などを必ずご覧ください。
  • 掲載している商品は時点での保険比較サイトi保険取扱商品のみとなります。あらかじめご了承ください。
  • 記載の保険料・保障内容(補償内容)などは、現在のものです。
  • このページでは、各商品の特定のプランに30歳(女性)が加入した場合の保険料を、商品検討の参考として掲載しています。月払保険料の「―円」表示は、その商品の特定のプランにおいて、30歳(女性)の方がお申込みいただけないことを意味します。その他の年齢条件・性別条件ではお申込みいただけます。
  • 商品が改定された場合には、旧商品の契約件数と合算集計して掲載しております。

チェックした商品を資料請求する

生命保険ランキング

  • ライフプラン無料相談サービス 未来のこと お金のこと
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • 保険のプロによる生命保険無料相談