1. 生命保険比較
  2.  > ライフステージから保険を選ぶ
  3.  > 結婚したとき

ライフステージから保険を選ぶ

必要な保障は、あなたの年齢や家族構成、生活環境等でも変化していきます。ライフイベントを見ながら、必要な保障を考えてみましょう。

結婚したとき

世帯主は死亡保障もしっかり備えましょう。

結婚は、これまでのライフスタイルや経済状況が大きく変わる出来事です。
結婚を機に保険の見直しを行う際に考えることは、「夫婦の生活プランを軸にして考える」ということが大切になります。
共働きなのか、配偶者が専業主婦になるのか、また子供の有無などによっても、世帯主に必要な保障も変わってきます。

◆世帯主に必要なのは・・・
夫婦共働きであればお互いに収入があるため、どちらかに万が一のことがあってもすぐに生活ができなくなる可能性は低いですが、
世帯主しか収入がない場合などは、収入の柱である世帯主に万が一のことがあったら、残された家族の生活が不安になってしまいます。
そこで、万が一の時に不足する生活費を保険で補えるよう、残された家族のその後の生活を考えて「死亡保険」に加入することをお勧めします。
◆女性に必要なのは・・・
女性の場合この時期、特に医療保険を積極的に検討することをお勧めします。
理由としては、妊娠・出産の可能性が最も高い時期だからです。
妊娠時というのは母体にさまざまな変化が伴います。それまでまったくの健康体だった方でも、切迫流産や切迫早産、また妊娠高血圧症候群などで入院をすることもあります。また、医療保険は帝王切開などの異常分娩にかかる費用を保障するものが大部分です。
しかし、医療保険の中には妊娠中は加入できなかったり、『特定部位の不担保』という条件が付く場合がありますから、女性の場合はとくに、早めに医療保険に加入しておきましょう。
30代後半から急増する乳がん※2 に備えて、女性特有の病気に備えた医療保険もご検討ください。

健康には自信あり!医療保険なんて必要ないでしょ…!?

■5.0人に1人※1が帝王切開で分娩!
健康と思っていても、妊娠や出産に伴うトラブルは少なくありません。妊娠時に子宮筋腫や子宮がんが発見されることも。一度病気にかかると、保険への加入が難しくなる場合もありますから、健康に自信がある今だからこそ入っておくべきといえます。

※1分娩件数に対する帝王切開の割合は約19.7%
(厚生労働省「平成26年(2014)医療施設(静態・動態)調査・病院報告の概況」)

最近、友人が乳がんに…。

■乳がん患者数は約20.6万人※2
30代後半から急増する乳がん。でも年齢を重ねるにつれ胃がんや結腸がんも気になります。
女性特有のがんだけでなく、幅広いがんに手厚く備えたいところです。


※2厚生労働省「平成26年患者調査」

保険選びのポイント

万が一に備えて残されたパートナーのための「死亡保障」を!
万が一のときに、残されたパートナーが再出発するために死亡保障があると安心です。
女性の場合、妊娠・出産の前に「医療保険」のお申込みを!
妊娠・出産をきっかけに医療保険への加入が難しくなったり、『特定部位の不担保』という条件が付く場合がありますから、女性の場合はとくに、早めに医療保険に加入しておくと良いでしょう。