ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > ライフステージから保険を選ぶ
  3.  > 就職したとき

就職したとき

年齢の若い時期に加入すると保険料を抑えることができます。そんな新社会人の方に必要な保障や保険加入のポイントをご紹介します。

必要最小限の保障で最低限の医療保障を!

就職が決まって社会人になったこの時期、「まだ若いし健康には自信がある。」と、病気や怪我で入院するというのはなかなか想像しづらいかもしれません。
しかし、社会人になりたての頃は、仕事にも慣れていなく、連日の残業などから過労になったり、生活リズムもみだれるため体調を崩しやすい時期でもあります。
万が一、入院や手術が必要となった場合、まだ収入も多くない新社会人には医療費の負担が大きくのしかかります。
少しでも自己負担金額を減らすために、医療保険への加入を検討しましょう。ケガや病気の保障は自分のために備えておきたいものです。
医療保険は、若い時に加入すると一般的に保険料が安く抑えられることも、メリットの1つです。

年齢が若い新社会人の時期は、まだ収入も多くありませんし、養っている家族もいない方が多いです。また、高齢者ほど病気やケガのリスクも高くありませんので、生活や貯蓄を圧迫しないように必要最小限の保障を選ぶのがポイントです。
死亡保険は、「自分に万が一のことがあった場合に、残された家族のために必要な金額を用意するためのもの」ですので、結婚して家族ができてから加入するのでも構いません。

新社会人の時期は自分のための「医療保障」を重点的にご検討ください。

保険選びのポイント

1.「医療保険」は早めに加入して保険料を抑えましょう!
医療保険は、年齢が若いほど一般的に保険料が安くなります。
2.独身の場合、高額な死亡保障は必要ありません!
基本的に死亡保険は家族のためのもの。保険料をおさえたい場合、独身のうちは必要最低限で十分です。
3.女性の場合、妊娠・出産の前に「医療保険」の加入を!
妊娠・出産をきっかけに医療保険への加入が難しくなったり、『特定部位の不担保』という条件が付く場合がありますから、女性の場合は特に、早めに医療保険に加入しておきましょう。

生命保険ランキング

  • 低金利時代の賢い保険選び
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談