保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > よくあるご質問
  3.  > 女性保険のよくあるご質問

女性保険のよくあるご質問

女性保険に関するお申込みや保障、支払いなどについてのよくあるご質問をご紹介しております。

女性保険を選ぶときのポイントは?

女性特有の病気での入院時に入院給付金が上乗せされることが特徴の保険ですが、対象となる病気については保険会社によって異なります。女性限定の病気だけではなく、女性に多い病気や、すべてのがんも対象としているものもあります。また、女性特有の手術に対する給付金があるものもありますので、各社の内容と心配事を照らし合わせながらご検討ください。

通常の医療保険と女性保険はどちらががおすすめ?

女性保険は通常の保険と比べた場合、保障が追加されているため当然保険料は割高なります。ただし、女性特有の病気での入院時は手厚い保障を受けられるためその時は選んでよかったと思っていただけると思います。通常の保険と保険料や保障内容、心配事を考えながらあなたに合ったものを選んでください。

女性保険は若いうちに入る方が良いですか?

女性特有の病気として子宮筋腫や乳がんなどがありますが、20代の後半から病気になる方が増え始めていきます。また保険料は年齢で決まるため、経済的負担も少ない若い時に準備をおすすめします。

妊娠中でも女性保険に入れますか?

保険会社によって異なりますが、全く入れないということはありません。妊娠の週数で判断をしたり、場合によっては一定期間妊娠出産にかかわる保障をしないとしてお申し込み可能な会社があります。

過去に帝王切開で出産しましたが、女性保険の申込に制限はありますか?

過去に妊娠をご経験されている方は、その妊娠やご出産状況によっては女性保険のご契約に一定の条件が付くことがあります。帝王切開でご出産された場合は、一定期間は妊娠出産にかかわる保障がされないといった条件が付く可能性があります。女性保険の引受条件については各社異なりますのでご注意が必要です。

入退院を繰り返した場合、女性入院給付金の支払いはどのようになりますか?

通常の入院給付金と女性入院給付金それぞれの入院の支払限度内で入院給付金をお支払いします。通常の入院給付金が支払限度額に達した場合でも女性入院給付金のみお支払いする場合があります。女性入金給付金のお支払い条件については各社異なりますのでご注意が必要です。

海外で入院をした場合でも女性保険は保障されますか?

海外での入院も女性保険の保障対象となります。ただし、すべてが女性保険の対象となるわけではなく医療法に定めるルールのもと、日本と同等の医療施設での入院が条件であったり、保険会社所定の証明書の提出などが必要となります。また連絡先や郵送先、保険金の支払口座などは日本国内のみなどの条件もありますのでご注意が必要です。

女性保険の保障対象外となるものはありますか?

通常の保険同様、人間ドックや美容整形など治療を目的としないものや、むちうち症や腰痛で他覚症状がないものなどは女性保険でも補償対象外となります。詳しくはパンフレットやご契約のしおり・約款等でご確認ください。

生命保険ランキング

  • 一緒に働く仲間を募集中
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談