保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 心配事・目的から生命保険を選ぶ
  3.  > 万一の死亡時に備えたい

万一の死亡時に備えたい

もしも、あなたに万一のことがあったら、のこされたご家族のその後の生活資金や子どもの教育費、住宅費用はどうなるのでしょうか。
のこされたご家族の不安や経済的負担を少しでも減らせるように、万が一に備える死亡保険で準備することをおすすめします。

葬儀費用はどのくらい必要?

葬儀はいつの日か必ずやってきます。そのために、のされたご家族が経済的な負担にならないように葬儀費用を一生涯の保障で備えておくと安心です。
日本消費者協会の調査では、葬儀費用の総額は約188万円となり、その費用以外にもお墓代、引越し費用、葬儀前までの入院費用の精算など、さまざまな費用がかかると想定されます。
のこされた家族の経済的負担を少しでも少なくするために、葬儀費用+お墓代+雑費で300万円~500万円くらい準備しておくと安心です。

  • [出典]一般財団法人 日本消費者協会「第10回 葬儀についてのアンケート調査」(平成26年)より

  • [出典]セールス手帖社保険FPS研究所「平成26年 サラリーマン世帯生活意識調査」より

家族のための生活費はどのくらい必要?

万一のことがあった場合に備え、のこされたご家族が安心して過ごせるように、生活費を準備していく必要があります。
お子さまの人数や年齢なでの家族情報や、その他さまざまな条件によって生活費は異なりますが、下記図のデータより毎月20万円~30万円程度の生活費の準備が必要です。また、公的な保障として遺族年金もありますので実際に準備をしなくてはいけない金額は公的保障での受け取り分を差し引いて考えて

1世帯あたり1か月間の年齢別生活費(教育費は除く)

  世帯人員(人) 家計支出(円)
30歳未満 3.24 248,533
30~39歳 3.7 271,349
40~49歳 3.72 319,584
50~59歳 3.24 339,967
60~69歳 2.69 289,289
70歳以上 2.44 239,454

[出典]総務省「平成27年 家計調査 家計収支編 詳細結果表」より「消費支出-教育費」

遺族年金の受給と年金額のめやす

※年金額は平成28年度の価格

  • ※子どもは18歳到達年度の末日までの子どもの他に、20歳未満で1級・2級の障害状態にある子どもも含む。
  • ※会社員世帯の年金額は、夫の平均標準報酬月額を35万円、加入期間を25年(300か月)として計算。
  • ※平成15年4月以降は総報酬制の適用を受けるが、ここでは賞与総額が全月収の30%として計算。

どのくらいの保障に加入しているの?

世帯主の場合

下記グラフは、世帯主が万一に必要と考える生活資金総額と、死亡保険に加入されている対比のデータです。
万一のことがあったときに、生活資金としてどれくらい必要か?というアンケートにおいて、年間約330万円が約17年間は必要という結果がでています。
総額にすると約5,500万円で、これは世帯平均年収の約10年分相当となります。
また必要と思う生活資金の総額に対し、実際加入している死亡保険の保険金額は平均1,670万円と、大きな差があるものの、子育て世代である30代~50代の層が、大きい保険金額で万一の備えています。

[出典]生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

[出典]必要資金総額は、サンプルごとの必要資金総額(年間必要額×必要年数)の平均値として算出。

配偶者の場合

下記グラフは、配偶者が加入している年齢別の平均加入保険金額のデータです。 平均約890万円死亡保障に加入されており、世帯主の場合と比べ保険金額は抑えられていますが、年代層による保険金額の大きな差はないようです。

[出典]生命保険文化センター 平成24年度「生命保険に関する全国実態調査」

生命保険ランキング

  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由

メットライフ生命 医療保険はこちらから!

  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談