1. 生命保険比較
  2.  > よくあるご質問
  3.  > 医療保険について

よくあるご質問

医療保険に関するお申込みや保障、支払いなどについてのよくあるご質問をご紹介しております。

医療保険を選ぶときのポイントは?ページの先頭へ

医療保険を選ぶ際は、保険期間や保険料払込期間、何日目から入院給付金が給付されるかなど、保険のタイプをよく検討して選ぶことが重要です。ポイントとして整理すると、次のようになります。

  • ポイント1:保険期間と保険料払込期間を決める。
    「定期」タイプなのか?「終身」タイプなのか?
  • ポイント2:入院何日目から支払われるかを選ぶ。
    日帰り型、1泊2日型、5日型(4日免責)などのタイプがあります。
  • ポイント3:1入院あたりの支払限度日数と保険期間を通じての通算限度日数を決める
  • ポイント4:さらに以下の内容についても検討する。
    ・「特約」を付加するかどうか?
    ・特約には成人病特約、女性疾病特約、ガン特約、通院特約などがあります。
    ・解約返戻金の有無(無しの場合、保険料が安くなります)を決める。
    ・死亡保険金の有無(無しの場合、保険料が安くなります)を決める。
「通院」と「日帰り入院」の違いは?ページの先頭へ

日帰り入院で入院給付金が受け取れる「医療保険」や「医療特約」がありますが、「通院」と「日帰り入院」はどう違うのでしょうか。
「通院」とは、医師による治療が必要なため、外来や往診によって治療を受けることをいいます。
一方、「日帰り入院」とは、入院基本料などの支払いが必要となる入院日と退院日が同一の入院をいいます。たとえば、深夜3時頃緊急入院をしたが容態が落ち着いたため、その日の夕方に退院した場合などが該当します。

医療保険の「定期型」と「終身型」の特徴は?ページの先頭へ

保険期間のタイプには、「定期型」と「終身型」の2つがあります。「定期型」は保険期間があらかじめ一定期間または一定年齢までに定められているのに対し、「終身型」は保険期間が一生涯継続します。
なお「定期型」には、保険期間が満了した時点で、そのときの健康状態に関係なく更新ができるタイプもあります。更新は一般的には80~90歳までで、更新時はその時の年齢や保険料率により新たに保険料が計算されるため、通常は保険料が高くなります。

女性専用の「女性疾病特約」の保障内容は?ページの先頭へ

取り扱っている保険会社によって保障内容は若干異なる場合がありますが、「女性疾病特約」は主に女性特有の病気、あるいは女性の間で発生率の高い所定の病気を中心に保障します。
具体的には、乳ガン、子宮筋腫、甲状腺の障害、分娩の合併症などで入院した場合に、入院給付金を受け取れます。一般的には疾病入院特約と一緒に付加します。(手術給付金が受け取れる会社もあります)

もし病気が再発してまた入院したら、入院給付金は受け取れるの?ページの先頭へ

医療関係特約、医療保険ともに、同じ病気を原因として再度入院した場合は、前回の入院とあわせ、継続した1回の入院とみなされます。
ただし、前回入院の退院日の翌日から180日を経過して再度入院した場合は、別入院となりますので取り扱い方が異なります。

※一部商品には異なる病気を原因とした入院であっても1回の入院とみなす取り扱いがあります。

■1回の入院となる場合(前回入院の退院日の翌日から180日以内に再度入院した場合)
1入院支払い限度日数まで入院給付金が受け取れます。

■別入院となる場合(前回入院の退院日の翌日から180日を経過して再度入院した場合)
同じ病気で入院しても別の入院とみなされ、それぞれの入院において1入院支払い限度日数まで入院給付金を受け取れます。
ただし、入院給付金は通算して受け取れる限度日数が決められているため、通算支払限度日数を超えて入院給付金を受け取ることはできません。

入院していても、入院給付金などを請求できるの?ページの先頭へ

入院給付金は、入院途中でもいったんそこまでの入院期間に相当する入院給付金を請求することができます。
この場合は、退院後に残りの入院給付金を請求することになります。ただし、その都度必要書類の提出が必要になり、診断書も通常有料(5,000円程度)になるため、まとめて請求した方が少ない費用で済むという面もあります。

特約とは何ですか?ページの先頭へ

特約は、いわば保障のオプションです。
万一の保障をさらに充実させたり、ケガや病気に備えたりと、自在な活用が可能です。
ご加入の目的に合わせて、お客さまにあったな保険を完成することができます。