1. 生命保険比較
  2.  > 学資保険
  3.  > 学資保険の基礎知識
  4.  > こども保険・学資保険の選び方

学資保険の基礎知識

こども保険・学資保険の選び方

お子様が誕生すると、その将来にはさまざまな期待がふくらむもの。実際に、多くの親がお子様の大学卒業を希望しています。もしも親に万一のことがあっても、安心して教育を受けられる環境を整えておきたいものです。
そうした教育費を計画的に準備するのに最適なのが学資保険です。最近では、教育費の積み立てのほか、お子様の医療保障や死亡保障もついた保障が手厚いタイプなど、さまざまな商品がありますので、それぞれの特徴を理解して、最適な保険を選びましょう。

こども保険・学資保険の特徴

お子様の将来の教育資金の準備に

高校や大学などの進学に伴い、膨らんでいく教育費をお子様の小さいうちからコツコツと貯蓄することができます。
確実に教育資金を蓄えたい方は、受取る保険金が支払った保険料の総額を上回る(返戻率100%超)の貯蓄性の高い学資保険がおススメです。

親( 契約者) が万が一亡くなった場合、残されたお子様の教育費や生活費に

学資保険は、親(契約者)が亡くなった場合、以後の保険料の支払は免除され、一時金や満期金は支払われる仕組みになっています。さらに、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れる育英年金付の学資保険もあります。

育英年金(養育年金)とは?
育英年金付の学資保険(こども保険)に加入している場合に、親(契約者)が死亡・高度障害など万一のことがあった際、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れるというものです。保険料は親が死亡した時点で支払いが免除されます。
教育資金の貯蓄と合わせて、お子様のケガや病気もサポート

医療特約付きの学資保険(こども保険)なら、お子様の思いがけないケガや病気の場合にもしっかりサポート。

「貯蓄型?」「保障型?」どっちを選べばいいの?ページの先頭へ

学資保険は大きく分けると「貯蓄型」と「保障型」に分かれます。
保険に入る目的として、「とにかく、将来の教育資金を蓄えたい」のか、「教育資金も必要だけど、子供のケガや病気も心配」なのか、まずは何が必要(備えたい)かをしっかり検討しましょう。

貯蓄型 学資保険

学資保険の本来の目的である、お子様の教育資金を積み立てることに重点を置き、死亡保障や医療保障が付いていないシンプルな学資保険です。

保障型 学資保険

教育資金の積立のほかにお子様の医療保障や死亡保障が付いた、保障が充実した学資保険(こども保険)です。

給付金の受け取り方にも種類があるの?ページの先頭へ

給付金の受取り方には、一括受取タイプと大学在学中に分割して受け取るタイプがあります。
中学や高校入学時に支払われる一時金は、据え置いて大学入学時にまとめて受け取ることも可能です。

満期にまとまった金額が受け取れる 満期一括受取タイプ
満期年齢に合わせてまとまった金額が受け取れるので入学金や進学の準備に充てられる。
一時金はないものや、据え置いて一度にもらえるものもあります。
満期にまとまった金額が受け取れる 満期一括受取タイプ
満期金を大学時代に分割して4年間受け取れ、毎年の授業料に充てられる。

こども保険・学資保険を上手に活用するポイントページの先頭へ

学資保険は子供が生まれてから大学進学・卒業に至るまで長期にわたって加入するもの。
加入の際には、しっかり計画を立てて上手に活用しましょう。

早生まれなら1 7歳満期を選択
子供が早生まれなら、満期の受け取りが入学金などの支払いに間に合うよう17歳満期を選択しましょう。
早めの加入で保険料を節約
満期金額が同じ場合、積立期間が長い方が毎月の保険料は安くなるので、子供が生まれたらすぐに加入しましょう。
保険料の支払いは年払いや前納にするとおトク
保険料の支払いは毎月払うより年払いやボーナスを利用した半年払にされるほうが割安です。また、一度にまとめて支払う前納(支払う期間全てを一度に支払う全期前納など)にしたほうがお得です。
一時金は据え置いた方が更におトク
小学校や中学校などその時々で一時金が支払われるタイプもありますが、もっとも教育資金のかかる高校・大学に備えて据え置かれるほうが、据え置き利息が付きます。

おすすめの学資保険はこちら