1. 生命保険比較
  2.  > 学資保険
  3.  > 学資保険の基礎知識
  4.  > 貯蓄型の学資保険とは?

学資保険の基礎知識

貯蓄型の学資保険とは?

学資保険の本来の目的である、お子様の教育資金を積み立てることに重点を置き、死亡保障や医療保障が付いていないシンプルな学資保険です。

貯蓄型の学資保険の特徴

払い込んだ額より受け取るお金( 返戻率) のほうが多いのが最大の魅力
「貯蓄重視型」の学資保険は、保障よりも、とにかく教育資金を蓄えたいという人向けの商品です。
保険料を積み立てて、進学ごとに一時金や、大学入学時(満期時)などには満期金としてまとまったお金を受け取ることができます。
教育費を確実に積み立てることができ、将来の学資金に充てられます。
受け取る保険金が支払った保険料の総額を上回る(返戻率100%超)商品もあり、学資金の貯蓄に優れています。
契約者にもしものことがあっても、死亡保険金や育英年金はありません
親(契約者)の方が万が一死亡したり高度障害となった場合には、それ以降の保険料の支払いは免除され(保険料払込免除特則付の場合)、一時金や満期金は予定通り全額受け取ることができます。
しかし、親(契約者)の死亡保険金や育英年金は支払われません。
また、お子様がケガや病気の場合の医療保障も付帯されていません。万が一、お子様が亡くなった場合でも受け取れるのは、それまでに支払った保険料相当額になります。(支払った保険料全額が戻ってくるとは限りません)
貯蓄型の学資保険はこんな人におすすめ
  • ● お子様の教育資金を確実に積み立てたいが、自分で計画的に貯蓄をしていく自信がない。
  • ● お子様や、親(契約者)の医療保障や死亡保障は、すでに他の生命保険や共済などで補えている。など

おすすめの学資保険はこちら