1. 生命保険比較
  2.  > 学資保険
  3.  > 学資保険の基礎知識
  4.  > 高校生にかかる教育費はどれくらい?

学資保険の基礎知識

高校生にかかる教育費はどれくらい?

高校生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?
学習塾に通う費用は学年を追うごとに高くなります。統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

私立の場合は、入学金が必要な1年生が最も高額に

教育費は公立約52万円、私立約98万円
文部科学省が行った「子どもの学習費調査」によると、公立に通う高校生1人あたりの教育費は年間約52万円、私立に通う高校生の教育費は年間約98万円となっています。
学年別では、私立の第1学年が約118万円で最も高くなっています。これは、入学時の入学金が影響しています。
平成22年4月から公立高等学校の授業料は無償化されています。
なお、国立・私立高等学校等の生徒に対しては「高等学校等就学支援金制度」が創設され、年額118,800円(公立高校生が負担軽減される額と同額)が支給されます(保護者の所得に応じて一定額が加算される場合があります)。
学年が上がると高くなる学習塾費
教育費の内訳をみると、公立では学校教育費に約36万円、学校外活動費に約16万円、私立では学校教育費が約78万円、学校外活動費が約20万円となっています。また学習塾に通う費用は学年を追うごとに高くなり、公立・私立ともに3年生では約11万円となっています。
■高校生にかかる教育費総額

<文部科学省「子どもの学習費調査」/平成20年度>

生命保険文化センター 承認 : 110359

おすすめの学資保険はこちら