1. 生命保険比較
  2.  > 学資保険
  3.  > 学資保険の基礎知識
  4.  > 大学生にかかる教育費はどれくらい?

学資保険の基礎知識

大学生にかかる教育費はどれくらい?

大学生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?
自宅から通学する場合、寮やアパートなどから通学する場合でかかる費用はかなり異なります。また、私立大学は、学部によっても授業料が異なりますので、統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

大学受験から入学までにかかる費用はどれくらい?

私立大学の受験料は約3万5千円
受験費用としては、「願書受付」の費用と「受験料」があげられます。募集要項(願書)は、国立大学は全て「無料」、公立大学もほとんどが「無料」、私立大学は「1,000円~1,500円」程度のところが多いようです。
また受験料は、センター試験が18,000円(3教科以上受験の場合)、国公立大学の2次試験が17,000円、私立大学受験料は約35,000円となっています。
受験から入学までの費用は、自宅外通学者で約213万円
受験費用のほかに遠方の大学を受験する場合、交通費や宿泊費が必要になります。東京地区私立大学教職員組合連合が実施している調査によると、大学受験費用(受験料・交通費・宿泊費)は、自宅通学者が平均191,500円なのに対し、自宅外通学者は平均237,600円となっています。
また、自宅外通学者の場合、受験から入学までに要した費用(受験費用、家賃、敷金・礼金、生活用品費、初年度納付金)の総額は、平均約213万円となっています。

■ 大学の受験料

■ 受験から入学までの費用(住居別)注:初年度納付金は文部科学省「平成20年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人あたり)」による。
<東京私大教連「私立大学新入生の家計負担調査」/2009年度>

私立大学の学部による初年度授業料の比較(平成20年度)ページの先頭へ

子供の教育費で最も高額なのは大学の学費です。
国立、公立は、学部により授業料の差はありませんが、私立は、各学部ごとに異なり、高額順に医歯系・理科系・文科系となっています。
文科系の平均額は約73万 円、理科系の平均額は約104万円でその差は約30万円です。さらに医歯系の平均額は約303万円と、理科系の約3倍となります。

■ 私立大学の学部による初年度授業料の比較(平成20年度)

<文部科学省「私立大学等の平成20年度入学者に係る学生納付金調査結果について」/平成21年>

生命保険文化センター 承認 : 110359

おすすめの学資保険はこちら