保険のプロによる生命保険無料相談のご案内

低金利時代の賢い資産形成

お電話でご相談したい方(通話無料)

  • 0120-873-100

    【受付時間】9:15~18:00(日・祝除く)
  1. 生命保険比較
  2.  > 医療保険
  3.  > 医療保険の基礎知識
  4.  > 子どもの医療保険は必要?

子どもの医療保険は必要?

子どもが生まれると、学資保険が気になるのと同時に、今後の備えのひとつとして医療保険への加入が必要かどうかというのは、親としては迷うところですよね。
身体の不調が出たら・・・大きなケガをしたら・・・でも乳幼児医療助成などもあるので病院代はかからないはずだし・・・などなど。 では実際の必要性とは、いったいどの程度なのでしょうか。

子どもの医者にかかる確率

厚生労働省による、年齢別の受療率を見てみると、やはり「病気をしやすい」と言われている0歳から9歳までの外来での受診が高くはなっていますが、入院自体はそう多くはないことがわかります。
そこまで多くないのであれば、過剰に備える必要はないようにも思えますが、受療率自体は高くなっているため、もしこじらせてしまったら入院になるかもしれない、という懸念は残ります。

年齢階級別にみた受療率(人口10万対)によるグラフ

参考:厚生労働省 性・年齢階級別にみた受療率

入院するかも知れないという可能性はゼロではないので、病気や大けがをして入院や通院となってしまったら、どのくらいの支出になるのかというのは気になるところです。

医療費の助成と自己負担額

子どもの医療費の助成

子どもの医療費は、国や自治体からの助成が充実しています。

まず初めに、お住いの地域によって助成内容や対象となる年齢は違ってきますが、病院を受診した際にかかる医療費の全額または一部を助成してもらえるという制度があります。

以下は県ごと・市区町村ごとの医療費助成の調査結果をもとにまとめた表になりますが、県ごとでは就学前まで、市区町村に関しては中学校卒業時の15歳年度末までというのが一番多くなっています。  対象年齢でみても、自治体によって助成を受けられる年齢に大幅な差があるため、お住いの地域での助成要件を確認してみましょう。

都道府県における乳幼児等医療費に対する援助の実施状況(平成27年4月)

対象年齢 通院 入院
実施都道府県数計 47 47
3歳未満 2 -
4歳未満 4 1
5歳未満 1 -
就学前 25 22
9歳年度末 3 1
12歳年度末 6 8
15歳年度末 5 14
18歳年度末 1 1
取得制限   一部
自己負担
 
なし 17 なし 8
あり 30 あり 39

市区町村における乳幼児等医療費に対する援助の実施状況(平成27年4月)

対象年齢 通院 入院
実施市区町村数計 1,741 1,741
4歳未満 10 -
就学前 259 63
5歳未満 1 -
就学前 25 22
7歳未満 1 -
7歳年度末 2 1
8歳年度末 1 -
9歳年度末 47 15
10歳年度末 4 -
11歳年度末 1 -
12歳年度末 148 173
15歳年度末 996 1,200
16歳年度末 2 2
18歳年度末 269 286
22歳年度末 1 1
取得制限   一部
自己負担
 
なし 1,402 なし 1,030
あり 339 あり 711

参考:厚生労働省 乳幼児等医療費に対する援助の実施状況

小児慢性特定疾病の医療費助成

次に、子どもが18歳未満で健康保険に加入しており、万一重い病気になってしまったときに受けられる助成もあります。 小児がんや慢性心疾患など、国が指定した704疾病の「小児慢性特定疾患」に該当する場合に受けられる制度で、一部を自己負担し、それ以外を助成してもらえるしくみになっています。

対象者

  1. 1.生命を長期に脅かす疾病であること
  2. 2.先進医療特約は付帯できるか(費用が高額になるところに保障を持つようにする)
  3. 3.症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾病であること
  4. 4.長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること

自己負担の月額上限額

区分 夫婦2人+子1人世帯の
場合における年収の目安
自己負担上限額(外来+入院)
/患者負担割合:2割
一般 重症(※) 人口呼吸器
装着者
生活保護 0円 0円 0円
非課税
(本人年収~80万円)
1,250円 1,250円 500円
非課税
(本人年収80万円超~)
2,500円 2,500円
市町村民税
7,1万円未満
約200万円~約430万円 5,000円 2,500円
市町村民税
7,1~25,1万円未満
約430万円~約850万円 10,000円 5,000円
市町村民税
25,1万円以上
約850万円~ 15,000円 10,000円
入院時の
食事療養費
1/2自己負担

※「重症」とは、
①高額な医療が長期的に継続する者(医療費が月5万円を超える月が年6回以上ある場合)
②重症患者基準に適合する者

もしもこういった先天性や後天性により、重病を患ってしまったら・・・という懸念は、親であれば誰しもが抱える不安ではないかと思いますので、こういう制度があるのだと知っておいて損はないかと思います。

さらに、健康保険による軽減制度では、保険証提示による自己負担割合が義務教育前までは2割に抑えられていますので、小学校入学するまではそこまで高額な医療費がかかる心配は少ないというのが現状です。

健康保険による自己負担割合

年齢 一般・低所得者 現役並み所得者
義務教育就学前 2割負担
6歳~ 3割負担
70歳~ 2割負担 3割負担
75歳~ 1割負担

ですが、助成制度には所得制限や一部自己負担のある地域もあるため、住んでいる地域や家庭状況によっても助成の有無はバラバラです。

例えば共働きのご家庭で所得制限に引っかかっている場合などは、助成を活用できない上にどちらかが仕事を休んで付き添わなければいけないとなると、医療費+その他の出費+収入の減少などが重なってきますので、大きなマイナスがないとも言い切れません。
収入の減少に関しては、ひとり親世帯でも同じことが心配されます。

医療費以外の負担

先ほどの医療費や収入の減少以外にも、かかるリスクがあります。
入院中の子どもには、食事代や部屋によっては差額ベッド代が日々発生しますし、さらには親が付き添いで泊まる場合には仮ベッドを利用し別途お金がかかる、という場合もあります。

そして自宅と病院を行き来するための交通費や、付き添う方の食事代、自宅に家族を残して付き添う場合には、食事の準備ができないことなどから、通常よりも出費となることも起こりえます。
こういった医療費以外の出費には、健康保険や助成の対象外となるためすべて自己負担となるのです。

子どもの医療保険の必要性

それなりに充実している助成制度ですが、対象外の支出もあるため全てがタダになるわけではありません。貯蓄で補える場合は良いですが、これから学費や住宅購入などでお金が必要となってくる場合には、少しでも支出を抑えたい時期でもあります。

そして、一番気を付けてほしいことは、もし病気を患ってしまったら保険への加入は難しくなるということです。子どもの医療保険にも告知義務はもちろんありますので、加入には審査が必要です。

子ども向けの保険商品は共済や保険会社でもさまざまな商品があり、月々の保険料も安価で保障内容の手厚い商品も多く、商品によっては大黒柱である契約者の親に万一のことがあった際の保障や、他人にケガをさせてしまったり、物を壊してしまったりしたときに保障してくれる損害賠償責任保障が付いているものも魅力のひとつです。

助成制度が途切れる前の対策として、または確率的にも低いはずの長期入院などにより「まさかウチの子が」となる前のお守りとして、家計の負担にならない程度の保険料であれば、加入を検討してみても良いかもしれません。

まとめ

いざとなったら助かる子どもの医療保険ですが、一番に備えなければいけないのは倒れてしまったら家計への打撃が大きい父親や母親ですので、まずは親御さんの保障を優先的に確保し、それから家計の余力範囲内で子どもの保険を検討されるのが適当です。
ご家庭全体を見て、優先順位を考慮しながらバランスよく保障を備えてください。

生命保険ランキング

メットライフ生命 医療保険はこちらから!

  • 低金利時代の賢い資産形成
  • ご存知ですか?三角形の保険 ムダなく理想的な形
  • 保険比較サイトi保険が選ばれる6つの理由
  • ファイナンシャル・プランナーの生命保険無料相談