1. 生命保険比較
  2.  > よくあるご質問
  3.  > こども保険・学資保険について

よくあるご質問

こども保険や学資保険に関するお申込みや保障、支払いなどについてのよくあるご質問をご紹介しております。

学資保険(こども保険)は子供が生まれてすぐに加入した方がいいですか?ページの先頭へ

お子様の教育費は、進学時など必要となる時期が予め予測できるので、計画的な貯蓄が可能です。
お子様の年齢が高くなってから加入すると、保険期間が短くなるため、月々の保険料が高くなります。
満期金額が同じ場合、積立期間が長い方が月々の保険料は安くなるので、お子様が生まれたらすぐに加入しましょう。
また、多くの学資保険(こども保険)では、保険期間中に親(契約者)が亡くなった場合、以後の保険料の支払は免除され、一時金や満期金は支払われる利点がありますので、その点からも早めのご加入をお勧めします。

子供が生まれる前から契約はできますか?ページの先頭へ

はい。子供が生まれる前からご加入いただける学資保険もあります。
保険会社によって条件が異なりますので、詳細は弊社までお問い合わせください。

契約者に万が一のことがあった場合はどうなるの?ページの先頭へ

多くの学資保険では、親(契約者)が亡くなった場合、以後の保険料の支払は免除され、一時金や満期金は支払われる仕組みになっています。
さらに、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れる育英年金付の学資保険もあります。

子供に万が一のことがあった場合はどうなるの?ページの先頭へ

保険期間中にお子様(被保険者)が死亡された場合は、それまでの払込保険料相当額が支払われます。
また、「死亡保障がセットされている学資保険」にご加入の場合は、予め設定されている死亡保険金が支払われます。

育英年金(養育年金)とは?ページの先頭へ

育英年金付の学資保険(こども保険)に加入している場合に、親(契約者)が死亡・高度障害など万一のことがあった際、学資保険が満期になるまでの間、育英費用として所定の年金が受け取れるというものです。
保険料は親が死亡した時点で支払いが免除されます。

お祝金や満期金を受け取れるのは、子供の誕生日ですか?ページの先頭へ

いいえ。お子様の誕生日ではありません。お祝金や満期金の支払日は満期を迎えられた月の契約応当日となります。