1. 生命保険比較
  2.  > がん保険
  3.  > がん保険の基礎知識
  4.  > がん保険のメリット・デメリット

がん保険の基礎知識

がん保険のメリット・デメリット

がん保険は、がんを重点的に保障する保険のため一般の医療保険とは異なります。がんに対しての保障が手厚い分、メリットとデメリットがあります。また、保険会社によっても内容が異なりますので、ご自分に合ったがん保険を選びましょう。

がんに特化した保険ならではのメリットとデメリットを理解しましょう!

■ 一般的ながん保険の特徴

「がん」と診断されたら一時金が支払われる

多くのがん保険は、がんと診断されたときに、まとまった給付金が支払われます。がんとわかった早い段階で一時金が出るため、希望によって健康保険の対象外となる先進医療や民間医療などの自由診療を受ける費用に充てることができます。

「がん」に対する治療を重点的に保障

保障対象となる疾病をがんに特定した医療保険で、がんにより入院したり、所定の手術を受けたとき、および死亡したときなどに給付金、保険金が受け取れます。

入院は何日でも安心

入院給付金の支払い限度日数は無制限が主流。長期入院や、入退院を繰り返しても安心です。

契約してから90日間の待機期間

がん保険はすぐに保障が開始されるわけではなく、一般的に契約してから90日経過後に保障が開始されます。
この場合、契約後90日以内にがんと診断された場合には保険契約は無効となります。

※がんの種類によっては一部支払いの対象とならない場合もありますので、「ご契約のしおり・約款」でよく確認してください。

「がん」と診断されたときや、「がん」によって入院したときに、まとまった給付金が一時金として受け取ることができます。
診断給付金は1回限りの商品と、再発した場合でも一定期間が経っていれば再度支払われるなど、複数回もらえる商品があります。
この給付金は、がんと診断されてから早い段階で支払われるので、健康保険では対象とならない最新のがん治療を受けたり、民間医療などの自由診療を選択することもできます。
もうひとつは、入院給付金の支払いに制限がないことです。
一般の医療保険では、保障される入院日数に制限があります。
しかし、がんの場合は長期の治療が予想されるため、長い入院や再発などによる入退院の繰り返しなどにも対応できるように入院給付金の支払い日数が定められていません。
長期に亘っての入院もしっかり保障されますので安心して治療が受けられます。

がん保険は、がんに特化した保険のため、がん以外の病気やケガは保障の対象となりません。
しかし、特約を付けることでがん以外の病気やケガの入院もある程度カバーができるタイプもあります。
また、がん保険は死亡リスクに備える保険ではなく、安心してがん治療に専念する保険のため、死亡保険金が一般的に少ないか、全くなく設定されています。
そのため、万が一に備えた死亡保障は、がん保険とは別で加入する必要があります。
もうひとつのデメリットは、一般の医療保険にはない「待機期間」があるということです。
一般的には、保障の開始日(申し込み、告知、初回保険料の支払いが済んだ日)からから90日間はがんに対する保障はされません。
この90日間が待機期間です。
この間(待機期間)内にがんと診断された場合は、保険契約そのものが無効になる(支払った保険料は返ってくる)ので健康なうちに加入するのが大切です。

おすすめのがん保険はこちら