1. 生命保険比較
  2.  > がん保険
  3.  > がん保険の基礎知識
  4.  > 女性特有のがんとは~乳がん

がん保険の基礎知識

女性特有のがんとは ~乳がん

乳がんは、日本人女性に増加している病気のひとつです。
今やその発症率は16人に1人と言われています。乳がんは、30歳代から増加し始め、50歳前後にピークを迎え、その後は次第に減少します。女性では、乳がんにかかる数は乳がんで死亡する人の数の3倍以上です。女性ならば誰もがかかるリスクがある病気であると言えます。 ※独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター「各種がんの解説」「最新がん統計」より引用

乳房の仕組みと乳がん

乳がんとは

乳がんとは、「乳腺(乳管)」から発生するがんです。

乳房のなかにある乳腺は、母乳をつくる小葉と母乳を乳首まで運ぶ乳管に分かれています。
これらの組織に発生する腫瘍のうち、悪性のものが乳がんです。
大人の女性の乳房は、乳頭を中心に乳腺が放射状に15~20個並んでいます。
それぞれの乳腺は小葉に分かれ、小葉は乳管という管(くだ)でつながっています。乳がんの約90%はこの乳管から発生し、乳管がんと呼ばれます。
小葉から発生する乳がんが約5~10%あり、小葉がんと呼ばれます。乳管がん、小葉がんは、乳がん組織を顕微鏡で検査(病理学的検査)すると区別できます。
この他に特殊な型の乳がんがありますが、あまり多いものではありません。

乳がんの増加となりやすい原因ページの先頭へ

乳がんの発生と進行には、女性ホルモン(エストロゲン)が関係すると考えられています。食生活が欧米化したことで、高たんぱく・高脂質の食事が増え、日本人女性の体格が向上しました。そのため初潮時期が早まり、閉経時期が遅くなるという傾向があります。女性ホルモンの影響を受ける期間が長くなったことが、乳がんの増加に関連しているとされています。

■ 乳がんになりやすい原因

  1. 近親者に乳がんの方がいる人(遺伝の影響)
  2. 早い初経・遅い閉経の人
  3. 妊娠・出産、授乳経験がない人
  4. 35歳以上で初産を経験した人
  5. 避妊薬のピルや女性ホルモン、副腎ホルモン剤を常用している人
  6. 食生活の欧米化(動物性脂肪摂取量が多い人)
  7. アルコールを飲む機会が多い人

女性特有の病気におすすめの保険はこちら

AFH243-2015-0145 10月21日(171021)