1. 生命保険比較
  2.  > 年金保険
  3.  > 年金保険の基礎知識
  4.  > 老後の準備はどうしている?

年金保険の基礎知識

老後の準備はどうしている?

近年、平均寿命の延びなどにより、老後の生活資金にかかる負担も増えてきています。
しかしながら、少子化問題などにもより公的年金支給額の削減や支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられるなど、年金の平均受給額は減る一方です。更に、退職金制度の廃止や減額などを行う企業も増えていますので、老後の資金不足による不安は増すばかりです。
将来の公的年金制度や退職金制度が不安な中、自助努力による老後資金の準備に関心を持つ人が増えています。

老後のための私的準備は?

老後生活のためには、公的保障や企業保障以外に自助努力による準備が重要です。では、皆さんはどのような経済的準備をしているのでしょう。
生命保険文化センターが「老後保障に対する私的準備状況」について調査したところ、何らかの手段で「準備している」と回答した人の割合は59.4%でした。その手段に多く利用されているのが「預貯金」「生命保険」「個人年金保険」などです。

■ 老後のために私的準備をしている人は?

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成19年度>

■ 準備をしている老後に期待できる手段は?(複数回答)

※「期待しているものはない」、「不明」を除く
<生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/平成21年度>

老後の生活費はいくらくらい必要だと考えてる?ページの先頭へ

生命保険文化センターが行った意識調査によると、夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える最低日常生活費は平均22.3万円となっています。分布をみると「20~25万円未満」が、31.9%と最も多くなっています。

■ 老後の最低日常生活費はいくら?

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成22年度>

ゆとりある老後生活を送るにはいくら必要?ページの先頭へ

ゆとりある老後生活を送るための費用として、最低日常生活費以外に必要と考える金額は平均14.3万円となっています。その結果、「最低日常生活費」と「ゆとりのための上乗せ額」を合計した「ゆとりある老後生活費」は平均で36.6万円となります。なお、ゆとりのための上乗せ額の使途は、「旅行やレジャー」がもっとも高く、以下「趣味や教養」「身内とのつきあい」と続いています。

■ ゆとりある老後の生活費(希望額)は?

<生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成22年度>

安心してゆとりのある老後生活を送るためには、自助努力による老後資金の備えをしておくことが必要になります。その準備に多く利用されているのが「個人年金」です。

おすすめの個人年金保険   一覧はこちら

生命保険文化センター 承認 : 110359