メニュー

保険のご相談・お問い合わせ

\まずはお気軽にお電話ください/

tel0120-873-100通話無料

受付時間 9:30~18:00(日曜・祝日・12/30除く)

ご相談はオンラインでも訪問でもOK!

保険無料相談サービス

  1. 生命保険比較
  2.  > こども/学資保険
  3.  > こども/学資保険の基礎知識
  4.  > 大学生にかかる教育費はどれくらい?

大学生にかかる教育費はどれくらい?

更新日:

大学生に必要な教育費はどれくらいかかるのでしょうか?
自宅から通学する場合、寮やアパートなどから通学する場合でかかる費用はかなり異なります。また、私立大学は、学部によっても授業料が異なりますので、統計を参考に、子供の将来に必要な教育費に備えましょう。

大学受験から入学までにかかる費用はどれくらい?

大学の入学費用は平均81.1万円

大学の入学費用としては、学校納付金・受験費用・入学しなかった学校への納付金があげられます。
私立大学の入学費用は理系で88.8万円(前年調査94.2万円)、文系で81.8万円(同95.1万円)、国公立大学の入学費用は67.2万円(同77.0万円)となっており、平均では81.1万円となります。

大学の入学費用(子供1人当たりの費用)

日本政策金融公庫「令和3年度『教育費負担の実態調査結果』」

私立大学の受験料は3万~3万5千円

受験費用としては、「受験料(入学検定料)」「送料・手数料」などがあげられます。募集要項(願書)は、国立大学、公立大学、私立大学のいずれも大学のWebサイトに掲載しているところが多いようです。

また受験料(入学検定料)は、大学入学共通テストが18,000円(3教科以上受験の場合)、国公立大学の2次試験が17,000円で、私立大学受験料(医歯学部等除く)は30,000~35,000円が多くなっています。

受験料(入学検定料)

大学入学共通テスト
(3教科以上受験)
18,000円
大学入学共通テスト
(2教科以下受験)
12,000円
国公立大2次試験 17,000円
私立大
(医歯学部等除く)
30,000~
35,000円程度

夜間生、フレックスなどコースによっては10,000円の場合もある。

大学在学中にかかる費用はどれくらい?

居住形態別の学生生活費(学費と生活費の合計)

学生生活費を居住形態別に比較した場合、「自宅から通う場合」の生活費は約42万円、「下宿・アパート、その他から通う場合」の生活費は106~109万円と大きく差が出ていることがわかります。
「下宿・アパート、その他から通う場合」は、「家庭からの給付」「奨学金等の収入」が多い傾向があり、それらを生活費等に充てていると考えられそうです。

自宅から通う場合

(単位:円)

国立 私立
収入 家庭からの給付 532,200 992,000
奨学金 227,300 383,200
アルバイト収入 390,300 420,400
定職収入・
その他
110,200 89,300
1,260,000 1,884,900
支出 授業料 470,500 983,100
その他の
学校納付金
13,600 159,200
修学費 51,400 49,000
課外活動費 26,700 16,100
通学費 95,000 98,300
小計(学費) 657,200 1,305,700
食費 94,100 88,400
住居・光熱費
保健衛生費 42,300 50,800
娯楽・し好費 135,400 137,400
その他の日常費 153,600 149,500
小計(生活費) 425,400 426,100
1,082,600 1,731,800

下宿・アパート、その他から通う場合

(単位:円)

国立 私立
収入 家庭からの給付 1,067,300 1,572,400
奨学金 362,400 512,200
アルバイト収入 340,600 323,100
定職収入・
その他
62,600 107,300
1,832,900 2,515,000
支出 授業料 475,900 1,022,800
その他の
学校納付金
12,800 201,100
修学費 48,600 53,300
課外活動費 27,600 33,300
通学費 17,500 27,600
小計(学費) 582,400 1,338,100
食費 271,400 260,000
住居・光熱費 480,500 446,600
保健衛生費 49,800 55,100
娯楽・し好費 136,500 126,700
その他の日常費 161,200 177,300
小計(生活費) 1,099,400 1,065,700
1,681,800 2,403,800

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)「令和4年度学生生活調査」

私立大学の学部による初年度授業料の比較

子供の教育費で最も高額なのは大学の学費です。
国立、公立は、学部により授業料の差はありませんが、私立は、各学部ごとに異なり、高額順に医歯系・理科系・文科系となっています。

文科系の平均額は約83万円、理科系の平均額は約116万円でその差は約30万円です。さらに医歯系の平均額は約286万円と、理科系の約2.5倍となります。

令和5年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金等平均額(定員1人当たり)

文科系 文・教育 835,587円
神・仏教 768,832円
社会福祉 792,688円
法・商・経 823,706円
平均 827,135円
理科系 理・工 1,148,551円
1,433,292円
農・獣医 1,033,471円
平均 1,162,738円
医歯系 2,656,053円
3,218,227円
平均 2,863,713円
その他 家政 833,396円
芸術 1,131,010円
体育 870,889円
保健 996,528円
平均 977,635円

文部科学省「私立大学等の令和5年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」

教育費の目安

監修者情報

監修者

林田 憲治

(2級ファイナンシャル・プランニング技能士/株式会社アイ・エフ・クリエイト)

『お客様へ寄り添った案内』をモットーに、
スタッフ一同、親切・丁寧に分かりやすくご説明させていただきます。

掲載している情報は記事更新時点のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご注意ください。

目的に合った保険商品をまとめて資料請求(無料)

保険の種類

年齢

性別

保険のご相談・お問い合わせ

保険のことなら何でもお気軽にご相談ください!

電話で相談する

FPがその場でご質問やご相談にお応えします

\まずはお気軽にお電話ください/

tel0120-873-100通話無料

受付時間 9:30~18:00(日曜・祝日・12/30除く)

オンライン・訪問で相談する

FPがお客様の現状やご希望などを
詳しくお伺いし、適切なプランをご提案します

保険無料相談サービス