1. 生命保険比較
  2.  > 死亡保険
  3.  > 死亡保険の基礎知識
  4.  > 死亡保険の選び方

死亡保険の基礎知識

死亡保険の選び方

複雑で難しいイメージの死亡保険ですが、基本となるのは実は3種類。
この3種類にそれぞれ特約がついているので、各商品ごとに特徴が異なり、商品種類が多く感じてしまうだけです。
本当はそんなに複雑なものではありません。
全ての保険は、下記の3種類をベースに作られていますので、まずは基本のカタチを理解し、あなたのタイプにあった死亡保険を選びましょう。

基本の「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3タイプの特徴ページの先頭へ

定期保険

■ 一定期間の死亡保障を目的とした掛け捨てタイプです。

保険期間が予め決められた死亡保険です。保険期間内に死亡または所定の高度障害状態になった場合に、保険金の支払いがあります。
満期になった場合、満期保険金はありません。
また、途中解約をした場合には、解約返戻金が全くない商品と、解約返戻金がある商品があります。

おすすめの定期保険はこちら

ページの先頭へ

終身保険

■ 一生涯の死亡保障を目的としたもので、解約返戻金があり、
保険料払込終了後も解約返戻金が増加していくものです。

保険の期間は一生涯で、死亡するまで保障されます。被保険者が死亡するまで一生涯の保障をしてくれるので死亡保険金は必ず支払われます。
また、定期保険とは異なり、途中解約をした時に解約返戻金があります。
解約返戻金は、掛け金である保険料の一部が戻ってくるものなので、基本的には実際に支払った保険料の総額より戻ってくる保険料は少なくなりますが、場合によっては、払い込んだ保険料よりも多額の解約返戻金を受け取ることもあります。その解約返戻金を、老後資金として運用することも可能です。

※ 図は一般的な商品イメージです。契約されたときの年齢、保険料の払込期間等によって異なります。

おすすめの終身保険はこちら

ページの先頭へ

養老保険

■ 一定期間の死亡保障と、契約満期時には死亡保障と同額の
満期保険金が受け取れるものです。

保険期間が、予め決められた死亡保険で満期時には満期保険金を受け取ることができる貯蓄型の保険です。
満期までの死亡保険金と、満期時に受け取る満期保険金は同じ金額で、生きてても亡くなっても保険金を受け取ることができます。途中解約をした時は、解約返戻金があります。

おすすめの死亡保険はこちら